FC2ブログ

パドル。

わたしは鞭を欲しがったけれど、sinさまはパドルを好まれた。
それならわたしに必要なのは鞭ではなくパドルだ。

わたしはsinさまの手に変わるようなパドルを探したのだけれど、思うようなものが見つからなかった。

やはり革製がよい。
そしてsinさまの手にすっぽり収まるほどの大きさで、ご自分の牝に触れた状態で振るえるものがよいと考えた。

でも、なかなか思ったものを見つけることができなかった。
わたしの探すパドルの大きさだと、そのほとんどが「ジョークグッズ」と言われるようなもので、音はすごいが刺激は少ない。というような代物。

そうでなければ、革製でごつく長くその打撃で骨まで砕きそうな何マン円もするパドル(大汗)

どうしてこんなに極端なの!
そしてこのときはパドルを諦めて、拘束具とバイブを購入するだけに至ったのだった。

1月。冷えた床に転がりオナニーするわたしを、ソファに腰掛けた状態でsinさまの美しい手が撓り打った。
このとき、わたしは快感のその奥の方で、sinさまがかがむことなくご自分の牝を打てる程度の長さがあるパドルが欲しい。と、考えたのだった。

候補はあった。
とても興味を持ち、気に入ったパドルだったのだけれど、そのときは30cm前後のパドルを探していたので、そのパドルは少し長すぎた。

でも、今は違う。きっとこの長さはちょうどいいんじゃないかな?と、考えた。
グリップは革製だったけれど、ストラップはラバー。
何よりもカタチがわたしの好みだったので、少し迷ったけれど購入してからsinさまにお知らせしたのだった。

手元に届く前にメールをしたのだけれど、現物を見て…焦った。
思った以上に長くごつく…なによりこんなもので打たれたいのか?と、sinさまに思われるのが恥ずかしいと感じるほどのパドルだった。

あう…わたしは言いわけするみたいに、自分が思っていた以上のパドルが届いてしまったことをsinさまにメールした。
これまでネットで購入した道具は、自分が思っていたほどのものではないことが多かったので、きっとこのパドルっも期待外れになるだろうと、高を括っていた。

おもちゃで良いと思う反面、sinさまの嗜好を思うと、しっかりしたものがひとつは欲しいと考えていたのだ。
それが…ここまでとは…怯む。

とにかく買ってしまったのだし、sinさまにお知らせしてしまった。
次にお逢いするときは、このパドルを振るっていただくかどうか?は別として持って行ってお見せしようと思ったのだった。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

あう…あう_| ̄|○

のどかな日曜日*^^*
そよそよと心地よい風が、春を感じさせてわくわくする♪

窓際でくしゃんくしゃん…と、くしゃみをしながら、弥生賞を観た。
春競馬の季節。
sinさまとお約束している競馬場散策も、3年越しになってしまった。(^^;;

弥生賞の結果をメールしながら
「今年は競馬場散策できるでしょうか?のどかな季節がよいですね^^?」
と、大胆なお誘いをしてみた。

しかーし?!sinさまのお返事に、背骨を震わせる((o(*_*)o))

あう_| ̄|○
この男は、わたしを傍らにのどかな時間を過ごすつもりなど、毛頭ないのだ。

悩ましい…。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

のこりの1%

実はわたしも、sinさまに負けず劣らずの無関心女で…sinさまを責められたものではないのですが(大汗)

sinさまが既婚者なのか?独身者なのか?わたしは知らない。
知ろうとしていない。が正解なのだけれど、知らないことが多いのは想像の余地もあり楽しいのだ。

長くsinさまに飼われていて、そのシーン毎にこの男のことを考える。
謎が増えるのも面白い。

いつだかこのブログで99%sinさまは独身ではないか?と、言うようなエントリーをあげた記憶がある。
sinさま独身説は、何度もエントリーしている。
「ご主人さま独身説」
「またもご主人さま独身疑惑?」etc...

全く生活感のないことが最大の所以なのだけれど、1月 sinさまのお仕事の日にお逢いしたことで、最近はほぼ確信していたsinさま独身説が少し揺らいだ。

わたし自身、早朝から出勤して一仕事終わらせてから待ち合わせ場所に向かったので、sinさまとお逢いしたときにお仕事仕様のsinさまに何の疑問も持たなかった。

あら?sinさまもお仕事を済ませてからいらっしゃったのかしら?なんて、間抜けなことを考えていたのだ。
別れ際の夕方「これからお仕事ですか?」と、お聞きしたら「いや、今日はもう帰ります。」のお返事に、わたしとの時間のあとに会社に行かれるおつもりだったのだな。と…^^;;;

その後、ふと自分のことを振り返って考えた。
その日、わたしは家族に仕事のあとに遅い新年会がある。と、言い訳をしてsinさまにお会いするために準備した真っ白なレースを着て家を出たことを…。

そして、sinさまもそうだったのだろうか?と、思い至ったのだった。
いつものお休みの日のラフな格好ではない、仕事用の少し堅苦しい格好で大きなカバンを持って、わたしに逢いにお出かけになったのは、家族への「今日も仕事だよ」アピール?
でも、いつも遅いご帰宅なのに夕方にお帰りになったら、それこそ家族が驚くのでは?とも思ったのだけれどね(大汗)

そんなわけで、最近ではブログにsinさまのことを「独身」と言い切っているエントリーもあるが、やはり奥さまがいらっしゃるかもしれない。可能性は0ではないと、結論。

ふふ♪この謎はなかなかに切なくて楽しい。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

リセット。

2月はお逢いできなかった。
3月の予定をお送りした。
逢える日を思って、心が淫らに逸った。

例えば、1月の初めにお逢いして2月の終わりにお時間をつくっていただいたとして、その間隔はほぼ2ヶ月だ。
でも、1月も2月も逢えたことになる。
そして3月の後半にまたお逢いできたら、それはもう毎月逢えたって話。

錯覚なのだけれど、それって重要。

だから、2月にお逢いできなかったと言うことは、まるで2ヶ月間もお逢いできていないって気持ちになるのだ。

1ヶ月なら待てる。
でも、2ヶ月になると永い。
これが3ヶ月になっちゃったら、逢えたとしてもほっこりとした気持ちで待ち合わせ場所に立つことは難しい。
だって、sinさまはどんなにわたしが待ったとしても、全く変わらない男だからだ。
女を拗ねさせる天才。

わたしだけが逢いたい。
わたしだけが寂しい。って思ってしまう。

きっと、そんなことはなくて、sinさまの方が気持ちの切り替えが上手いだけなのだろうなって、思う。
ただ、わたしの気持ちをわたしに任せっぱなしにしているだけなのだ。

2月が終わって、まるまる逢えなくて、3月の予定をわたしがお知らせする。
この時点で2月のことは、sinさまのなかでリセットされる。
3月はまた最初から予定の調整が始まるのだ。
2月の1ヶ月が計算に入らないから、3月の初めにお時間をつくってくださる。と、言うこともない。

sinさまとわたしは繋がっている。
どんなときもsinさまの気配がわたしを満たしている。

それと、逢えない寂しさは次元が違う。
sinさまにリセットされた2月はわたしの3月に続いている。

3月は温もりに触れたい。
わたしも2月をリセットしてみようかな?


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

春。3月。

今日は3月最初の休日だ。
もう3月に入って4日経ってしまった。

早朝はまだまだ冷えるけれど、厚着して出かけるとすぐに汗をかく。

2月は星空をみながら会社に出かけたけれど、3月は空が白んでいる。
もうすぐ春がくるのだ。
梅は咲いている。早咲きの桜も…。

もうダウンコートはいらないなって思いながらも、寒かったらイヤだとダウンを着てしまう。
でも、来週からは思い切って明るいコートを着て軽やかに出かけよう!

春は好き!くしゃんくしゃん花粉にやられてくしゃみがとまらないけれど、コンクリートの隙間から芽吹くたくさんの野の花を探しながら出勤しよう!

春は好き。わくわくするから♪


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
このページのトップへ