FC2ブログ

素敵な誕生日?

髪が伸びていた。
左腕が動かないわたしは髪を結ぶことができない。

息子に湿布を貼ってもらうのに、髪がじゃまで…まずは髪を結ぼう!と、息子に頼んだところ…どうやって結べばいいのか?わからない。と、言った。
そう言えば、以前付き合っていた男性で、髪を結べたのって自分も長髪で髪を結ぶことができた男だけだったのを思い出した。

髪を結ぶという行為は男性には結構難しくて、ある意味女性慣れしていないと、ハードルが高いかもしれない。

sinさまとのバスタイム。
長い髪を湯船につけたくはない。
一応sinまさに髪を結んでいただけますか?と、お願いしてみた。
ふたつ返事で「いいですよ。」と、sinさま。
あら?ちょっと、心の中をもやもや(苦笑)させながら、ゴムを渡して後ろを向く。
sinさまの指がわたしの髪に触れる…そして躊躇するsinさま。

「どうやって結ぶの?」すぐに降参されてしまった。

そうですよね?ちょっと難しいかな?と、嬉々として答えながら、わたしの左腕を後ろ手に支えていただいて、髪をつかんだわたしの右手首にはまったゴムを左手に移してもらった。
それを1〜2回繰り返して髪を結んだのだった。

うふ(照)なんだかとても嬉しかった。

時々…言葉を交わしながら、わたしの左腕をマッサージしてくださるsinさま。

ゆっくりと流れる時間を、sinさまの素っ頓狂な声が破る。
「あ。」焦りながら「誕生日?だよね?」と、おっしゃった。

「はい。もうとっくに過ぎましたけど。」と、答えるわたし。

沈黙。
バツの悪い顔をしながら「ごめん。」と、おっしゃった。
「どうしても…覚えられなくて。」と…。

「(sinさまにとって)どうでもいいことだからじゃないですか?」と、わたしが誕生日を祝って欲しいとお願いしたあの4月から、もう6回目の誕生日。
過去5回はスルーされてきたのだ。
わたしからsinさまにお願いしたのは、このひとつだけだ。わたしの誕生日を祝って欲しい。

だからこの件に関してだけは、わたしは辛辣だ。

でも、今年もわたしの誕生日は覚えていらっしゃらなかったけれど、4月がわたしの誕生月だってことは覚えてくださっていたみたい。

わたしは「わたしの誕生日をお祝いしてください。」と、お願いしてから、過去5回の誕生日には「どうしてたったひとつのわたしの願いを、叶えることができないのか?!」と、泣きながらsinさまにメールをしてきた。

嬉しいはずの誕生日に、毎年泣いている。寂しくて悲しい想いをするなんて、おかしい!
祝ってもらえる1年で1度だけのわたしだけの記念日を、泣いて過ごさせても平気な男なんて!
と、わたしは毎年4月になると、真剣にsinさまとの関係を清算すべきだと悩んできたのだった。

今年の誕生日にはそんな悲しいメールはしなかった。
諦めたわけでも、許したわけでもない。

ただ。しなかった。
そして、やっぱり忘れられていたのだった。

この日コンビニでアルコールを買おうと思ったのは、4月はわたしの誕生日だったからだ。
ちょっとsinさまにおねだりしよう。と、思っていたのだ。
頚椎を痛めて薬を処方されていたので、諦めたのだけれど…。

それが突然降って湧いたように、sinさまはわたしの誕生日を思い出されたようだった。
素っ頓狂なsinさまの声。本当に突然思い出したんだろうなぁ。

ホテルを後にした帰り道、突然強い雨が降り出して、ふたつの傘がふたりを分けた。
傘を合わせながら「(mineの誕生日を)どうでもいいなんて、思っていませんよ。」ぽつりおっしゃるsinさまを愛おしいと思った。

また来年。

-----
過去の誕生日エントリー(苦笑)
2013年4月のエントリー「誕生日」
2014年4月のエントリー「筋金入り」
2015年4月のエントリー「わたしの男。」
2016年4月のエントリー「気がついたら春だった?」



FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

No title

・・・(*´艸`)
黙って簡単に結べたらどうしようかと思いましたw

それはさておき、また新しい一年の幕開けなのですね
おめでろうございます♪
本当にどうでもいいわけではないんだと思いますが
mineさんの言葉が正しいと思います( •̀∀•́ )✧
大事な日に変わりは無いのですから。

素敵な日々で埋まりますように・・・。

  • 2017/05/08 (Mon) 05:45
  • AGI@休憩タイム #mQop/nM.
  • URL
  • 編集
AGIさん

そうでしょー?!
わたしも髪を結んでくださいと、お願いした時、簡単に「いいですよ。」と、言われたときは焦りましたよ^^;;;
ある意味納得したかもしれませんが(大汗)

お祝いのお言葉ありがとうございます*^^*
本当におっしゃる通りです!
わたしの大切な日を、温めてもらいたいです。
来年はどうなりますやら…

毎日、精一杯生きております。
ありがとう*^^*

  • 2017/05/09 (Tue) 20:06
  • mine #-
  • URL
  • 編集
No title

髪を触られるのって、なんともいえない気持ちと無防備で委ねる悦とが入り混じって心地好くもありますよね  ぅふふ

私は…もうね、最初から無理はしなくて 素直に御伝えすることにする作戦でしたよ。
数字は強いのに、本当に興味がなくて覚えてくださらないから 笑
私は冬なのですけれど 秋くらいから、 もうすぐ何の日でしょーーぅか!と 頃合を見て何度も。←ワンシーズン鬱陶しい。
その成果あってか、丸二年で覚えてくださいました。(と思います 多分。笑)
mineさまもきっと 来年は。^^ 楽しみも添えて、記憶の片隅に在る事が出来たら 嬉しいですものね。^^

  • 2017/05/10 (Wed) 06:36
  • 佳音 #-
  • URL
  • 編集
佳音さん

髪に触れられる。
本当にそうですね!佳音さんのおっしゃるような、気持ちになったのを思い出します。

かっ佳音さんてば?!可愛らしすぎる?!(๑>◡<๑)ノシ
それはもーご主人様も内心メロメロですね?!

わたしはがさつな性格で、記念日とかあまり頓着しない性格でしたから、最初の2年くらいは無邪気に「◯日はわたしの誕生日です♪」なんてメールをしていたのですが、3年目あたりにすれ違いがすれ違いを呼んで、「せめてわたしの誕生日を祝ってください!」と、泣いてお願いしたのでした。

そしてそれから6回目の誕生日にして、やっと「あ!」と、なったわけでした。
気の長い関係です(苦笑)

あー…今更ですが、素直になりたい。
「正直がmineの良いところ」と、男に言われているわたしですが、でも、この件だけは…どうも。ダメみたいです(大汗)

  • 2017/05/11 (Thu) 08:33
  • mine #-
  • URL
  • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ