FC2ブログ

はじめまして

これからのことを書く前に昨日までのことを書こうと思う。



わたしとご主人さまの出逢いは、ベタにSM系サイトの掲示板(汗)
大胆にもその掲示板でわたしがご主人さまを募集したのだ。
そしてたくさんのご主人さま希望のメールの中に、今のご主人さまのメールが紛れ込んでいた。

今考えると嘘八百並べ立てたご主人さまのはじめてのメールだった。
(そして更に今にして思えば、あれはご主人さまの当初の希望を書かれたメールであり、わたしを飼う過程でわたしとご主人さまの関係を寄りよくするために起動修正され続けた結果、最初のメールが嘘八百になったのだった。)

このブログにはそんなにエロい表現を描くつもりはない。
やってることなんて、主従関係を結んでいるカップルと差して変わりないし〜(苦笑)
このブログでわたしが書きたいのは、ご主人さまへのわたしの想い。

だってね〜本当に変なご主人さまなんだよ(爆)
それを紹介しつつ、ちょっと変わった変態主従の在り方を綴っていきます。


FC2 Blog Ranking

最初から変わってた

これからのことを書く前に昨日までのことを書こうと思う。



考えてみるとご主人さまは最初から他の男性とはちょっと変わっていた。

メールにはまめにお返事を下さるが、サイトから割り当てられたメールアドレスをかなり長い間使っていた。
他の男性のほとんどがファーストコンタクトで自身のメールアドレスを明記してきたり、2~3度やり取りが進むと携帯電話の番号を交換しようと言ってくるなか、一定の距離をおいてくる。

また、最初によく聞かれるNGや、奴隷としての基本原則なども一切メールに書かれていなかった。
今思うとどんなメール交換をしていたんだろう?と、不思議に思う。

多分わたしがたくさんのご主人さま候補とメール交換していることは、容易に想像できたと思うし、だからこそ自分をアピールしてくる男性や会うことを急ぎすぎる男性が多いなか、ご主人さまのとられた飄々とした対応がわたしを惹きつけたのだろう。

本当にたくさんのご主人さま候補の方とメール交換したけれど、どれも画一的で先が読めるみたいで飼われたいと思える男性は極少数だった。
そのなかでも特に他と違ったアプローチのご主人さまが気になってしかたなかった。

いつまでたってもご自分のお考えを表面に出してくださらないご主人さまに、業を煮やしたわたしが「わたしを飼ってください。」とお願いした。
すると短く「わかりました。」とお返事がきたのだった。

その日からわたしはご主人さまの「もの」になった。


FC2 Blog Ranking

名前をつけておいて

これからのことを書く前に昨日までのことを書こうと思う。



掲示板でご主人さまを募集したときのわたしの名前は、自分で適当につけたのでご主人さまに飼われるにあたり名前をつけてください。と、お願いした。
ご主人さまはいくつか候補をメールしてこられて、その中からわたしが選んだ名前に近い名前をつけてくださった。

わたしに名前を選ばせておいて、選んだ名前をつけないご主人さまが不思議だった。
だったら最初からご自分が考えた名前にしてくださればよかったのに?

ご主人さまのメールは必要最小限のことしか書いていない。
だからメールにわたしの名前が登場することがない。
お逢いしているときなど特にそうで、わたしはこれまで名前を呼ばれたことがない。

そういうわたしもご主人さまをご主人さまと呼ぶことはない。

変なふたりだな。と、思う。


FC2 Blog Ranking

主従のあり方

まだまだ蒸し暑い日が続きますが、風は秋風ですね~。
やはりお彼岸を過ぎるとぐっと涼しくなるのかな?

これからのことを書く前に昨日までのことを書こうと思う。



ご主人さまに飼ってくださいとお願いしてから、実際にお逢いするまでに2ヶ月近くかかった。

サイトで知り合った奴隷願望のある女性などが、次々とご主人さまと呼べる男性に出会い、わたしよりも後に出会った女性すらわたしよりも先にその男性と接触して主従関係の契りを結んで嬉々としてメールをくれるなか、わたしのご主人さまは逢おうという気持ちを微塵も見せられることはなかった。

焦るな~…。
わたしはご主人さまに飼ってください。とお願いしたとき同様に「お逢いしたいです。いつお逢いできますか?」と、聞いてみた。
ご主人さまのお返事はそう焦ることはないですよ。そのときがくれば逢えます。と、いうもので、わたしをやきもきさせた。

ご主人さまに飼ってください。と、お願いするまでに、幾人かのご主人さま候補の男性と会ってみた。
たくさんのメールに「信頼」という言葉があった。
まず最初はお茶や食事から、その後相性を見て…などと書かれているメールが多かった。
わたしの願望に近い男性と、少し正体不明なところのある男性に興味をひかれてメール交換し、会ってみたのだ。

わたしの願望に近い男性は、ただの強引でわがままで女性を好き勝手扱えることがSだと勘違いしていたし、会ったその日から奴隷は奴隷で主に忠誠を誓えるものと断言していた。
わたしはそんな出来上がった関係を望んでいなかったし、ホテルのラウンジで足をモデル組みするその男性に白けてしまった。

正体不明の男性は、単に都合の悪いことを言いたくないってだけだった。
こういうご主人さま候補の男性は割と多かった。
既婚男性は制約が多くて最初から保身を前面に出してくることに、やっぱり白けてしまった。
わたしはごっこ遊びがしたいのではなく、自分の性癖を満たしたいとご主人さまを募集したのであって、その時限り会っているときだけのシンデレラ的主従を求めてはいなかった。

だから、ほとんどのご主人さま候補の男性のメールにお断りのお返事をした。

わたしを奴隷としてではなく、マゾとして見てくれて自分がどう飼おうか?と、考えそれを楽しむ男性が欲しかった。
でも、↑これって今だから言えることであって、はじめてのSM的ご主人さまを募集したこの頃は、知り合った奴隷さんや奴隷願望のある女性との情報交換で、SM・主従に「ご主人さまと奴隷」という既成概念があったことは否めない。

わたしの願望がそうではなかったので、この王道に沿って奴隷を欲しがるご主人さまを選ぶことはなかったのだけれど、やっぱり命令とか絶対服従とか、鞭とか緊縛とか首輪とか…etcにとても興味津々だった。
ご主人さまができれば、当たり前のようにこのような仕打ちを受けられるのだと思っていた。
これも大きな勘違いだったと思う。

わたしの願望が奴隷になることではなく、被虐を受けたいということだったのが、きっとご主人さまと惹き合せたのだろうと今ならわかる。

話はぐぐぐーっと戻って初めてご主人さまとお逢いした日、デニムのジーンズにチュニック姿のわたしになるたけ裸に近いのがよい。と端的に言われた。
これが最初で最後のはっきりとしたご主人さまがわたしへ発せられた希望だった気がする。

この日、お茶も食事もへったくれもなくホテル直行だった(笑)

そしてその後お逢いするのにまたまた2ヶ月以上かかったのだった。
その間メールの数は尋常ではなかったが、わたしはご主人さまに聞いてみた。

「わたしはご主人さまの何ですか?」「ご主人さまとわたしは主従ですか?わたしは奴隷ですか?牝犬ですか?」
ご主人さまの答えは「主従というより、私のもの。淫乱な牝に躾けますよ。」だった。
それがご主人さまとわたしの関係。

このお言葉から、ご主人さまのわたしが生まれたのだった。


FC2 Blog Ranking

素質の不思議。

これからのことを書く前に昨日までのことを書こうと思う。



「マゾの素質」って言葉を聞くと、ご主人さまを探していた頃のことを思い出す。


実際「マゾの素質」という言葉はもとより「奴隷(牝犬・家畜・ペット)の素質」って言葉もよく聞く。
と、言うかご主人さまを探していたころ、何度ご主人さま候補の男性に言われたかわからない言葉なのだ。
だからなんとなくこの言葉を聞くとあの頃のことを思い出す。

最近感じるのだけれど、この「素質」って言葉は、実は落とし文句なのかもしれないね?
嬉々として「ご主人様に奴隷の素質があると、出会ってすぐにわかったと言われた。」とブログに書いている奴隷さんをよく見かける。
奴隷さんにとっても嬉しい言葉なのだろうと感じる。

どうしてご主人様になろうとするとき、この言葉を使いたがる男性が多いのだろう?
わたしとしての見解はもちろんあるけれど、ここに書く必要はないので割愛するとして、みなさんもちょっと考えてみては?なかなかに興味深くないですか?


ご主人さまはわたしに対して「素質」という言葉はお使いにならなかった。
メール交換のなかでわたしがマゾであることは充分わかっただろうから、そんな言葉を使ってわたしを形容する必要がなかったのだろうと思う。

ご主人さまはサドで弄べる牝を求めていて、わたしはマゾで被虐を求めていた。
お互いがそれとわかっているところから始まったのだった。


FC2 Blog Ranking
このページのトップへ