FC2ブログ

淫らな手触り。

sinさまがお忙しくなる直前あたりに、ディルド責めのお話で虐めていただいていた。

それはリアルな吸盤つきディルドで、どんな風に虐めるか?辱めるか?ってsinさまのメールがわたしを妄想で身悶えさせた。

玩具を使って虐めて欲しいという安っぽい欲求に、わたしの子宮はきゅうきゅうと啼きこんなものでオナニーするなんて自尊心を捨てるようなものだ・・・と自分の野卑な欲求に辟易としながらも、激しく欲情しわたしはこのディルドを買ったのだった。

でも、あれから3ヶ月。
きっとsinさまは忘れていらっしゃる。
いつもそうなのだ。
わたしをこんな安っぽい玩具で興奮させておきながら、実際にお逢いしたときには忘れていらっしゃる。
本当に憎らしくてつれない男なのだ。

それでもわたしは、もしかしたら覚えてくださっているかも?もしかしたらsinさまが使いたいとお考えかも?それならせっかくのこの日にがっかりさせたくない。そんな想いでわたしはこのチープな玩具をかばんの底に忍ばせてsinさまに逢いに走ったのだった。

淫らな肢体をつつむのは清楚ではしたないローウェストのレース。
同じ生成色で小さな花の刺繍をちりばめた角張ったキャップを被った。
喉のくぼみのピンクだけが色をなしている。

sinさまはいつもと同じに流れるみたいにわたしのところまでくると、ちょっと立ち止まってわたしを促し先を歩いた。

全くいつも通り。
「やあ」とか「こんにちは」とか、「待たせたね」(sinさまはいつも遅刻して来られるのだ。)って、声をかけられることはない。
わたしもただ見あげるだけだけれど。

ホテルの部屋を一緒に選んでエレベーターに乗った。
部屋は和室だった。
あぁ…ディルドの吸盤が役にたたないな…そんなリアルなことを思いながらわたしは楚々とワンピースを脱いで全裸になったのだった。
特に奉仕的な意味はなかった。シワになり易いコットンで乱れることを嫌っただけだ。

sinさまのちんぽを引き摺り出してしゃぶりつく。
こんなきれいなちんぽ見たことない。
そのきれいなちんぽがわたしの喉で暴れて息をさせない。
嬉しくて嬉しくてわたしは涙を迸らせながら、自らsinさまのちんぽで喉の奥を激しく責め立てた。
ディープスロートするわたしの頭を抑えつけて、腰を突き上げられるsinさまにわたしはげほげほと噎せ返り涎がsinさまとわたしを絡ませながら伝い落ちる。

3ヶ月わたしを狂わせ求めてやまなかった快感が、悦びとなって背骨を駆けあがり脳髄を痺れさせる。

sinさまが何かを引き寄せられる気配がする。
わたしはその気配を肩口で感じながら、sinさまのちんぽを吸っては舐めまわし喘いだ。

あぁ・・・わたしのかばんだ。
かばんから何かを探していらっしゃる。
わたしはそれが、あの吸盤つきのディルドだと知っていた。
sinさまはわたしからご自分のちんぽを引き剥がされると、鼻先にディルドをあてられる。
わたしはそれを唇にあて舌を這わせ唾液を滴らせて舐めた。
今までsinさまの血の通ったちんぽを味わっていたわたしにとって、このディルドは無機質で硬くて醜い玩具に感じた。

sinさまがわたしの舌からディルドを引き抜くと、涎を伝わせながら熱くくねらせた下腹にあてられる。
わたしはそれをひきとりたらたらと淫汁を垂れ流す穴に挿入したのだった。

ディルドでオナニーしながらsinさまのちんぽをしゃぶった。
内臓のわたしがすごく感じる場所をディルドが刺激する。
あぁ・・・違う。快感に溺れるわたしがディルドを誘いゆっくりとピストンさせて、肉の襞をディルドに絡ませて塞がれた口角から涎と一緒に快感の嬌声をあげている。
腰をくねらせ尻を高くあげてディルドをピストンさせる手に、内臓が吸いつきながらぶるぶると快感も抜き差しされるようで、わたしは己の快楽に狂った。

sinさまのちんぽをしゃぶりながら、ディルドが内臓を痙攣させておまんこの襞をひくつかせ腰を振るわせてイく。
なんていやらしいんだろう。

ディルドで飽和状態になった内臓をsinさまのちんぽが責め立てる。
お漏らししちゃいうそうな快感・・・久しぶりにここまで昇りつめた。

あう・・・こんなもので気持ちよくなってイくなんて・・・自尊心が軋みながらわたしの脳髄に快楽の汁を放出させる。

もう、先週のような激しく求められるセックスはなかった。

乱れさせられ翻弄されて、sinさまを乞い乱れひれ伏し、がばっと股をひらいてびしょびしょの恥部を晒して咥えこむ。
ザーメン ザーメン ザーメン もうそれしか淫乱牝の脳裏には何もなかった。

延々と牝の業を暴かれ辱められ犯される・・・その代償にわたしはsinさまの白濁した生の源を一滴残らず吸い尽くすのだ・・・。

しあわせ。
はしたなく乱れる己をsinさまに晒す悦びに身悶える。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

ぬるぬる

この日は夜にお時間をつくっていただいた。
ホテルのフリータイムも、満室に近い状態。
やっぱりセックスはデートの後?夜にするってイメージが強いのかな?

おかげでお高い部屋しか空いていない。
部屋を選ぶのは大抵わたしなのだけれど、いつもは安からず高からずの部屋をさっと選んでボタンを押すと、sinさまを見あげてにやっと照れ笑いするのだ。

夜に利用するホテルには、部屋を選ぶパネルの値段の下にその部屋のオプションが書かれている。
例えば「サウナ」「ローションマット」「カラオケ」「マッサージチェア」。

この残り少ない部屋のパネルをふたりでじっくり見る。
きっとこのとき、sinさまのわたしもある日のことを思い出していたはずだ。
そんな共通の雰囲気が流れた一瞬あとに、みっつだけの部屋に「ローションマット」のオプションはふたつだけ、例のマッサージチェアのお部屋は塞がっていた(笑)

sinさまもわたしもローションを使ってまぐあうのが大好きだ!
もちろんローションマットつきのお部屋にしたのだった。

わたし達のお風呂は散々淫靡な時間を乱れに乱れ狂わされたのち、ご飯を食べてマッサージをしてテレビを観ながら談笑する間にお湯をためて、リラックスタイムの終盤に入るので、お風呂で虐められることは滅多にない。
ふたりとも、もう淫らには満腹状態って感じ^^;
(でも、ときどきはお風呂で嫌ってほど嬌声をあげさせられることがある。お風呂で獣みたいな咆哮をあげさせられるのは、非常に恥ずかしい・・・だって、外にむかってどこまでも響き渡るから・・・。)

しかし!ローションマットがあると話は変わってくる。
わたしはsinさまに続いてバスタブから出ると、マットをお湯で温める。
sinさまに横になっていただくと、ローションをたらたらとわたしの指の隙間からsinさまの下腹に垂らして反応を見るのだ・・・。

はじめてローションの話が出て、それをネットで購入したとき、ご親切に男をローションで喜ばせる使い方。なんて指南書がついてきた。
そのなかに風俗嬢はこうやって男を喜ばせる!なんて項目もあり、わたしはふた昔前の伊丹十三監督の「マルサの女」のワンシーンを思い出したのだった。

ローションでぬるぬるのオッパイで、男の体を洗って(?)いく。
その女優さんのくねくね感がいやらしくて、でも仕事って感じがして絶妙だった。
伊丹十三監督の淫らなの表現はなんとも言えなくいやらしくて好きだ。
子ども心に罪悪感が胸をぎゅうぎゅうとしめつけた。それほど観たいいやらしさだった。

そんなわけで、いわゆるローションプレイなるものを知識としてsinさまと向かい合ったけれど、ごっこ遊びのようなプレイはまだしたことがない。
これはこれでsinさまを喜ばせられるんだろうなぁ?とは思うのだけれど、ローションをちんぽに垂らしてぬるぬるの牝の指で愛撫する。
手のひらを柔らかくしてちんぽを握らず撫でるように包みこむと、手のなかでsinさまのちんぽがびくびくと下腹を振るわせ暴れ出すのだ。
この瞬間、わたしはsinさまの快感を支配しているような悦びに背骨をぞくぞくと歓喜が這い昇り脳髄を絞り上げられる。

いつもはわたしを乱れ狂わせ翻弄し、その下に屈辱的快感にひれ伏せさせられるちんぽが、ぬるぬるの武器を得たわたしの手のなかでびくびくと震えて今にも破裂しそうに膨張している。
わたしはsinさまのお顔を盗み見る。少し眉をしかめられた表情を顎の下から煽り見てこのまま射精させたくなる衝動に駆られる。

sinさまの腹のうえに白濁した体液を飛び散らせる・・・素敵。
あぁ・・・でも、それはもったいなくて出来ない。
sinさまの生の源であるザーメンは一滴残らずわたしの体内に戴きたいのだ!
わたしはとことんsinさまのしもべだ。

sinさまはひとしきりわたしの好きにさせると、やはりぬるぬるの手でわたしの乳房を握りつぶし、素の感触ではない妙な苦痛に全身の和毛を震えさせる。
途端にわたしは躰をくねらせその快感に苦悶を引き摺り陶酔するのだ。
すでに形勢は逆転している。いや、最初からわたしが優勢であることなどないのだ。

すべてはsinさまの掌のうえだ。

sinさまがわたしをご自分の腹のうえに引き上げると、わたしはローションと淫汁でぬめるおまんこをsinさまのちんぽに擦りつけオナニーする。
ぬるぬるのちんぽに素股の快感が言うに言われぬほど気持ちいいのだ。
sinさまにあてられている腰を振るわせ内臓をどくどくと充血させてイく。
荒くなる息にわたしがイったことを知ると、sinさまは耳元でわたしを辱め身悶えさせて、ぬるぬるのちんぽで串刺しにするみたいに、ソファで乱れさせられベッドで狂わされ何度も何度もイかされて飽和状態になった、敏感すぎるわたしの内臓を突き上げられる。

わたしが感じているのは、最早セックスの快感ではなかった。
気持ちいいのか?苦しいのか?わからない。ただただわたしは許しを乞うように獣の咆哮をあげ、sinさまのザーメンに悦びの涙を流す。
ちんぽがずるずるとわたしの躰から抜ける瞬間をも躰全部を痙攣させてイき果てる。

なんていやらしい女。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

無性。

深夜。
こんな風にsinさまに濡らして目を覚ましてしまうと…

己の妄想に堕ちて…SM行為的被虐の快感が欲しくて指先が震える。

sinさまに飼われ続ける限り得ることのできないわたしの願望。

わたしの淫らを煽り狂わせ引き摺り出し、内裏の牝の業を白日のもとに暴き晒される。
わたしは全身から発酵したみたいに牝の匂いを醸し淫汁に滑らせsinさまの美しい指に溶ける。

あぁ…こんな他では得難い快楽をsinさまから与えられ…身悶え…喘ぎ…白い喉を晒して屈辱さえ舐めるのに…

チープな服従に鳴きたくて…身を灼くのだ…。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

わたしの内裏の性衝動。

さて、どこから書こうかな?何からどんな順番で書けば、わたしの性癖とsinさまとの繋がりをうまく表現できるだろう?

せっかくブログで発信するのだから、読んでくれる方にも少しは想像に容易く書きたいと思うと、さて。となかなか始められなかったのですが、ある方向から良い波がきたので乗っちゃおうと思います。

やはり最初はわたしの性癖についてエントリーしよう。うん。それがいい。

わたしは視覚的な情報で自分のセックスへの欲求を知ることはなかった。
簡単に言うと、雑誌やテレビで被虐を連想する女性が虐められている場面を見て、己の欲求を知ることはなかったのだ。

わたしにはそういう性への興味を示した、はじめの一歩的明確な記憶はない。
はじめてのオナニーも、大人になってあれはオナニーだったのだ。と思い返すようにあるいみ本能の赴くままに性に目覚めていったのだと思う。

以前ブログにも書いたけれど、人や行為に対する欲情は薄い。
多分、己が生まれもった歪んだ業のようなものがあるのだろうと思う。

それは・・・

雨や雪…自然の結晶が、この世界の埃や泥で汚されるのを見ると・・・街の一角の見放され忘れ去られた廃屋の丸裸にされ辱められたような静まり返った窓枠の向こう、埃っぽい黒ずんだ畳に・・・わたしの心はざわざわと粟立つ。
ぼろりぼろりと朽ちていく形骸…穢され晒される…生。

雨が降ると…雪がちらつくと…わたしはなぜか肩口を震わせ和毛を逆立たせた。

または・・・

わたしの欲望の深淵で…なにかが蠢いている。
幼いころ…ごみ焼き場で見た黒犬の屍骸…。
焼かれることも土をかけられその形骸を隠されることもなく…日に日に朽ちていく。
黒い毛が抜け落ち肌が死肉にかわり腐臭が空に散るころには恐ろしい骸骨がぽっかりと犬の目玉を晒していた。

わたしは怖くて怖くてその通学路を通ることができないと思いながら…どうしてもそこで歩をとめずにはいられなかった…。
小さな女の子の下腹は…なにか言葉にすることができない逼迫した塊に疼いていたのだ。

こんな風に破滅的なものにわたしの子宮は激しく戦慄いた。
でも、これは自分を破滅させたいという苦痛系の被虐ではなく、SM行為とはかけ離れた感覚である。
そこにある壮絶さに魅入られわたしの躰の中心である子宮が疼き、激しい衝動が生まれる。

己の躰を掻きむしり尻を腰を乳房を這う手のひらが、尻を鷲掴みにし乳房を揉みしだき腰をくねらせ、子宮から生まれでる衝動が牝の咆哮になる。

これは性的な欲望だと・・・そう自覚したのはsinさまに飼われるようになってからだ。
でも、sinさまがその欲望を教えてくれたのではない。
sinさまの気まぐれなわたしを露出にいざなう言葉が、わたしに己の性的欲望を刻みこんだのだ。

こんな風にわたしの性的な衝動は、一見セックスとは程遠いものだった。

話を切り替えるため、続きます。あと2回くらいかな?わたしの内裏の暴露にお付き合いください^^;

■関連エントリー■
「脳内自慰」
「蠢くものども」
「雪の露地で…」
「猫たち」
「まる裸」
わたしの欲情の原点?みたいなエントリーを連ねてみました^^;;


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

ヨルニ哭く メス

ヨルニ哭く メス

真夜中の男子トイレの・・・
緊張と恐怖が・・・牝に興奮と快楽を与える。
しん・・・とした空気の音だけが響く空間で・・・誰かの寝息と・・・足音に怯えながら・・・
淫らな牝の脳髄を犯す淫靡な時間。

*****


前ブログにわたしの男子トイレでの欲情を端的に表したエントリーがありました。
昨日のエントリーの続きをアップする時間的余裕がないので、再録します。
このエントリーでちょっとわたしの男子トイレへ傾倒する様を想像していただけたら、次のエントリーの助けになるかもぉ?!
なんて、期待的観測でアップしますm(_ _)m



FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
このページのトップへ