FC2ブログ

脱!恥ずかしがり過ぎ!?

sinさまに「mineの恥ずかしがり過ぎは、考えものだね。」と、言われた日の帰り道から、この件についてメールを交わしている。

sinさまは、ご命令をなさらない。
ご自分の淫らな牝が、自ら痴態を晒し乱れることを望まれる性癖。
だから、わたしの恥ずかしがり過ぎは、sinさまのS性を萎えさせてしまうのだ。

与えられるのを待つのではなく、求めることが必要で、それにわたしが気づくことが大切だったのだ。
「痴態を晒せ。」と、それをsinさまの口から発すること自体が、もうsinさまを萎えさせてしまう。
きっと、この「恥ずかしがり過ぎは考えもの。」と、いうヒントでさえsinさまとしては口にしたくなかったのだろうな。と、sin さまの淫らな牝としての自分が情けない。

以前展開していたブログ「SIN」では、sinさまへお愉しみをご報告するために、毎日のように、屋外露出してその場で乱れ画像や動画を撮影しメールをお送りした。
あまりにsinさまの反応が薄くて、わたしはある日突然それをやめたのだった。
それでもsinさまは「どうして報告をやめたのか?」と、そのことに触れられることはなかった。

今ならわかる。
わたしがいくらどこかで痴態を晒し乱れても、それはsinさまの前で乱れるためのステップに過ぎなかったのだ。
そこでわたしはやめてしまった。
「わたしの痴態を見てください。」と、sinさまの前で跪いて乞うことをしなかった。

なぜ?…それは…やっぱり、恥ずかしかったから!
確かに…それに尽きる。

sinさまの性癖って、とても面倒。
それ以上に、わたしの異常なまでの羞恥心の強さと恥ずかしがり過ぎに、歯がゆい思いをされたことだろうと思う。

そして、この先の躾の日は、ご挨拶を兼ねてオナニーを観ていただきたいです。とお願いをしたのだった。
以前、吸盤付きディルドを床に吸わせてオナニーを観ていただくお願いをしたことがあったが、運悪くその日のホテルのお部屋が和室しか空いていなくて、断念した経緯もあったのでそのリベンジに!と、ディルドオナニーをお願いしたのだった。

うーん…突然ハードル上げすぎだったかもしれない。
でも、この日から痴態を晒すことを妄想するたびに、快感に萌えその日を待ち望むmineだった(*ノノ)キャ…


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

妄想する視姦。

恥ずかしがり過ぎる自分の克服のために、オナニーするときこれまでは心のなかで展開していた卑猥な言葉を、声に出すことにした。
自宅なら家族の耳をとても意識してしまうし、お風呂なら窓の外に淫らな言葉が響いているのでは?と、脳髄がぎゅっと絞られるような羞恥心に喘いだ。
自尊心が働いて、白けるような気分になることもあった。

妄想をメールで晒すわたしに、sinさまの容赦ない蔑みが、わたしの尊厳を侵しぎゅっと拳を握りながらも、子宮は歓喜に震え淫汁に襞を濡らした。

sinさまが人から獣に堕ちていく牝の葛藤を愉しまれる。
屈辱に濡れる。
反発する…途端、人に興味を示されないsinさまの静寂に、身悶えしてひれ伏す。
そして人前で晒すことのない自慰をご報告するのだった。

-----
sinさま

今日は、自宅にわたしひとりでしたから、ディルドを持ちだして、sinさまに観ていただきたい。ってそれだけを願って、オナニーしました。

カチカチでデコボコのディルドをしゃぶって、喉の奥まで犯して胃液でぬるぬるにしながら、乳首を弄んで、腿をはしたなく開いて尻を振り、いやらしい自分に淫らな穴は涎を垂らしていました。

ぬるぬるのディルドをびしょびしよの穴に挿入すると、思わず喘ぎが漏れました。
抜き差しすると、やはり少し痛くて…腰を振ってディルドをGスポットにあてると、背骨がぞくぞくと震えます…

ディルドを咥え込む襞にに指をやると、すごく濡れていて、興奮してしまいました。
気持ちよくて…でもイけなくて、イきたくて…自分の快感に没頭し、なりふり構わないでいたら…ぎゅうぎゅうとディルドを腿で圧迫しながらイってしまいました。

そのディルドを引き摺り出すときの、感触はたまらない快感で、喘ぎが嬌声になるほどでした。

牝の淫汁で滑るディルドにしゃぶりつき、また興奮が蘇ってきて挿入してはイきました。

sinさまの素股にとても感じたことを思い出し、ディルドをおまんこに擦りつけたら、とんでもなくいやらしい音がして、sinさまを何度も想いました。

実は、ずっとsinさまにオナニーを観られる妄想で毎日毎日オナニーしていました。
ディルドを使うことで、更にsinさまの視線に羞恥心が被虐の快感をいや増しました。

お逢いしたときに、オナニーを観てくださいと、お願いできるかどうかわかりませんが、sinさまに淫らな牝のオナニーを観ていただきたいと熱望して、オナニーする毎日です。

mine
-----


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

結局は淫乱なのよ…それに尽きる。

sinさまへメールをお送りする。
心がいやらしく乱れている。
淫らな吐息がメールを占めている。

sinさまがそんな牝を辱める…

sinさまのちんぽを震わせたい。どうすればよいのだろう?
それができたら、わたしは快楽の奈落にどこまでも堕ちて…堕ちて…はぁ…子宮が疼く乳房が張って乳首が硬く勃起する。
根を張った地底の奥底からわたしの躰に沸きあがる欲望に、眩暈がする。

あう…羞恥に興奮する牝を貶められて…犯されたい…。

もう…いつもどこでも…淫らな牝をsinさまに晒して善がる妄想に濡らしてしまう…

わたしは尋常でないくらい身体が硬いので、日々ストレッチに励んでいる。あまり効果はみられないのだけれど、まぁ、それは継続は力なり!を信じて…

お風呂で、ストレッチ中に、縄でなくても、鎖つきの手枷足枷なら、牝の硬い身体でも拘束していただけるかも?と、バスタブに膝立ちで手を足首の方におろしてみた。
膝で立とうとすると、胸を張る姿勢になって…苦しいかな?と、そのままでお尻をふくらはぎにつけるように座りかけると、乳首がステンレスのバスタブに擦りつけられて、ぶわっと背骨に快感が走って、思わず何度も擦りつけて喘いでしまった…。
最近は、ずっとはしたない痴態をsinさまに観られる妄想オナニーをしているので、お風呂で寛がれるsinさまの横で、乱れたら…どうなるだろう…と、そんな妄想に興奮しながら尻を振って乳首をステンレスに擦りつけ快感を貪る…

ああ…おまんこにも刺激が欲しくて…sinさまの視線を気にしながら…バスタブの縁に跨ると、淫汁か?お風呂のお湯か?濡れたおまんこを冷たいステンレスにおしつけ、乳首を愛撫しながら、腰を揺らすと…ぐちょぐちょ…と、粘ったような紛れもない淫汁がいやらしい音を風呂場に響かせた。
わたしは濡れた全身の和毛を逆立てながら…それでもやめられなくて…

もう…脳のほとんどが、sinさまに痴態を晒して、貶められて犯される被虐の妄想で占められてしまってる…

もっともっと…虐められたい。
妄想じゃなくて…直接…sinさまに…

sinさまにメールした、牝のある淫らな休日。

sinさま
あう…今日は…1日中部屋に籠ってオナニーして過ごしました…

牝の痴態を晒して、sinさまのおちんぽさまを疼かせたい…。
淫らな牝を鑑賞され辱められながら、嬲られ身悶えするほどの被虐に背骨を震わせて善がり狂いたい…。

獣みたいにディルドで膣をいっぱいにしてイっては…抜いて…乳首を愛撫して…また欲しくなって…

それしか知らないみたいに…バカみたいに本能に弄ばれていやらしい穴全部から涎を垂らして…sinさまを意識して…

mine


あぁ…これって…これって…何も考えてない。
毎日毎日…ただひたすら淫らな興奮に身悶えし、sinさまの美しい手に掛かるのを妄想しているだけ…
でも、この淫乱な牝をsinさまがお創りになったのだ。

だから羞恥心や自尊心を全部捨てて、全部sinさまに曝してひれ伏したい…
それがsinさまの躾に応えるってこと。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

埋立地と真っ暗な夜空と恥ずかしがり過ぎる牝の想いと…。

恥ずかしがり過ぎをなんとしても無くさなくては!
思えば思うほど…考えれば考えるほど空回りする思考。

思い起こせば、いろんなシーンでわたしの恥ずかしがり過ぎは、sinさまを萎えさせてきた。
まぁ…出るわ出るわ…あのときもきっとそうだった、あぁせっかくお愉しみになろうとされていたあのメールの頑ななわたしの反応で、きっと嫌気をさされたのかもしれない。
そういえばあのとき…あんなこともあった…こんなことも…

はぁ〜ため息しか出ない…(ノ_-;)ハア…

お逢いしたときに、ご挨拶としてオナニーを鑑賞していただく…。
妄想では羞恥心をかき乱され、sinさまの視線を想像し意識し、その名前を呼ぶことは、わたしをとても興奮させた。
日に何度もその日のことを考えてオナニーする。

朝…目覚めとともに淫らな気分が内腿を湿らせている。
仕事に向かうエレベーターの端っこで、鞄に隠れて尻を振り腰をくねらせ喘ぎは喉の奥に飲み込む…それがまた…羞恥心を刺激して快感を弥増す。
乗客の全てが疲れ切っている夜の電車で…組んだ腕をジャケットに忍ばせて乳首を愛撫する…あぁ…小さく喘ぎ背骨を反らせても牝の淫らに気づくのは車窓に映る己だけだ。

ああ…違う。こんなことじゃない。
単独露出オナニーなんて、これまで何度もやってきた。
それでもsinさまの前で恥ずかしくて、淫らな全部を晒せないでいるのだ。

ある休日は、丸一日ディルドを咥えこみながら過ごした。
近所にお使いも、駅前のスーパーにも…。
落ちると大変なことになるので、ジーンズを履いて出かけたのだけれど、動き始めはディルドのくびれがしっかりじゃまして、抜けそうになることもなかった。

好い気になって遠出をしたのが間違いだった。
膣いっぱいのディルドが牝の淫らを刺激して、人の波が人としての道徳心を刺激する。
たらたらと滴りいやらしい穴を滑らせた淫汁に、ディルドがするりと抜け落ちようとしてジーンズが変に膨らんでしまう…。
あうあう…。そんな窮地の牝をsinさまにご報告し、辱められ自尊心に平気で泥を塗るsinさまに涙する。

逐一ご報告し、sinさまに牝の淫らをお愉しみいただき、お逢いしたときには…と、その痴態を想像してまたオナニーする。
一体毎日毎日…どのくらいオナニーすれば恥ずかしがり過ぎ克服に繋がるのだろう?
何か?違う?

ただ…離れている牝がsinさまのお愉しみのために、何をしているのか?どんなはしたないことを考えているのか?お伝えしながら己をも濡らし、その日を待っているのだ。

今、牝を辱めるものはディルドしか持っていない…。
抜け落ちるものではなくて、挿入できるものが欲しいなって、思うようになっている。
それを未だsinさまにお伝えできないでいるのだ。

妄想するのは得意だが、それを実現するために、sinさまにお伺いをたてるという行為を、これまでしてきたことがないので、指がメールの文章をどんどん別の内容に逸らしてしまうのだ…あうあうo(TヘTo) クゥ

さて、来週からは遅番で、帰りにショッピング♪ができるのは、今日だけって日になって唐突にこれを買おう!と、どうしても欲しい!と思い立ってしまったモノがあった。

結局残業になってしまって、会社を出たころには真っ暗。
空には星ひとつなく、月も姿を消していた。
駅とは反対方向に向かう。
この辺は埋立地で、まだまだ空き地が多い。
てくてく歩いていると、区画された空き地の脇の道路だけは4車線の立派な通りに出た。

秋だなぁ。空き地には秋の草木が暗い空に向かって生えている。
sinさまにお送りしようとiPhoneを取り出した。
いつもみたいに、この景色をお見せしたい!って想いとは違う熱望があった。

sinさま
埋立地と真っ暗な夜空と…。


今日は仕事帰りに、思いついたが吉日!と、会社の近くのホームセンターまで足を伸ばして買い物をしました。
これから徒歩でみっつくらい先の駅から電車に乗ろうと、ぶらぶらしています^^♪

この辺りは埋立地なので、草花が空き地乱れ咲いていますが、わたしの通勤路は次々と新しいビルが建って、だんだんお送りしたような風景も見られなくなりそうですT^T

mine


意味深長なメールをお送りするも、全く気づいてくださらないsinさま。
画像の感想と一緒に気をつけて帰るように、とお返事をいただいた。

本当は聞いて欲しかった。「なにを買ったのです?」って。
そうしたら、恥ずかしがりながらも、「それは牝を辱め、sinさまにお愉しみいただくための道具です。」って、お教えすることができたのに…。
恥ずかしがり過ぎ克服!と、願っても願っても、結局こんな風に恥ずかしくて伝えられないことを、sinさまに察していただきたい。と、思ってしまう。

これは…根深いなぁ。ε('∞'*)フゥー

FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

人肌が恋しい。(SM的モテ期到来か?!)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
このページのトップへ