FC2ブログ

ひと夏の経験

わたしにとってsinさまはとても大切な人だと、何年も一緒にいてやっとわかった。
こんなに時間がかかってしまったのは、sinさまの言葉も行為も行動も示してくださらないことに、わたしがsinさまのお気持ちを計りかねてしまっていたからだった。

sinさまをとても好きだと思うようになったのは、飼われはじめて1年くらい経ってからだった。
わたしを好きになってくれない男には飼われることはできない!そう訴え、何度も何度もその腕から逃げようともがいた。

その度にsinさまは「mineを手放すことはしない。」と、素気なく言い放たれてきた。

でも、わたしが何をしてもどんな酷い言葉を投げても、そしてわたしがどんな人間でも、一貫してわたしを手放さない。と、言い続けられたsinさまの言葉がその足許にひれ伏したいと甘い陶酔の矛盾した気持ちをもたらしたと同時に、この男から逃げたいと切実な想いにわたしは翻弄され続けたのだった。

好きな男に好かれたい。
だってわたしの全てを知っている男。
躰の隅々まで知っている…いやらしい変態性欲にご自分の加虐嗜好を混じらせ満たしている。満たされている。
そんな男と心も通わせたいと、わたしは思わずにはいられなかった。

わたしがどんなにお気持ちを聞いても「大切に飼っている」としか答えてくださらない。
sinさまがわたしにSM行為をなさらないことも、わたしを懐疑的にさせた。

そしてこの冬、今思えば笑っちゃうくらいの勘違いから、わたしはsinさまが自分にとってどれほど大切な存在で到底別れることなど出来ないことを知ったのだった。

それでも…それでもわたしは不安になり寂しさをうまく伝えられなくて、もどかしい日々を送った。

それが夏には、はじめてケンカをした。
sinさまに飼われてからずっと、sinさまはわたしに目線を合わせて話されることはなかった。
簡単に言えば対等ではなかったのだ。

ご自分の淫らな牝を飼われる。
わたしはsinさまのモノ。

今回のケンカで、わたしは「手放して欲しい。」とは言わなかったし、だからもちろんsinさまも「手放さない。」とはおっしゃらなかった。
そして静かに3日間の時間がながれ、わたし達はまるで惹きあって出逢ったみたいに、当たり前にもとの鞘に戻ったのだった。

このとき、sinさまは「別れたくはありませんよ。」と、静かにおっしゃった。
そう「手放さない。」ではなく、「別れたくはありませんよ。」…と。

sinさまがわたしにとってどれほど大切で、sinさまのいない毎日なんて考えられない。と、この男がわたしには、なくてはならない存在だと悟ってはじめてわたし達に別れの選択肢が生まれたのだ。

飼い飼われる関係のなかで、一方的な感情ではなくふたりで出す決断としての別れ。

わたし達の関係は、とてもとてもゆっくりと深まってきたのだなぁ。
こんなに長く一緒にいて、この夏逢えないからこそのはふたりの初めてが幾つもあったな(照)

これからも、豊かにふたりの関係は変化していくのだろう。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

夢?

wao!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

先日こんなエントリーをしたにも関わらず、sinさまから思いもよらないメールがきた。

○日の夜、△日か□日に時間ができそうです。

ここここっこれって・・・いや、この書き方って、○日の夜と、△日か□日のどちらか、つまり近い間隔で2回も逢えるって取れるよね?

でも上記のエントリーでも書いたように、直近で連続して逢えるなんてこと、これまで一度もなかった。
(正確には2度だけ、1ヶ月以内に時間をつくっていただいたことがあったけれど、今回は7日と空けず逢える。と、取れる。

わたしは目をこすって、もう一度メールを読んだ。
「まさかなぁ?」独り言。
「まさか、それはないよね?」あぶない人みたいに、何度も繰り返す。

また期待がメールをわたしの都合のいいように読み取ってしまったのかもしれない。

それよりも何よりも、あー!この3日のうちのいつかにsinさまと逢えるのだ!
一瞬にして3ヶ月が過ぎ去った。
逢えるとわかっても、やっぱり3ヶ月は永かった。

わたしはお逢いできる喜びと、このメールの多大な期待をお返事した。
もちろん、この3日間で、お逢いできるのは1日なのですよね?・・・とも。

sinさまのお返事は、最初のメール通りのものだった。

○日の夜は食事をして、△日と□日のどちらかはゆっくり過ごしましょう。

わたしの心臓はばくばくと脈打って、喜びが心の奥の方から湧きあがってくる。
sinさまの気遣いがとてもとても嬉しかった。

わたしのsinさまへの意識がはっきりとして、sinさまの求められることがわたしの悦びだと、お伝えした。
sinさまはぎゅっとわたしを抱きしめて、まだまだだっておっしゃった。
その直後からこんなに逢えない期間が始まったのだった。

わたしはこれまでとは全く違う想いで、ずっとずっとsinさまにメールをお送りした。
はじめてけんかをして、わたし達はこの夏に確実に関係を変化させたのだと思う。
はじめてがまたひとつ増えた。

あぁ!やっと…やっと…お逢いできるのだ!
もぉ…待ちきれないよぉ。sinさま。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

いつもの場所で…

3ヶ月振りにお逢いする。
食事メイン…と、言うよりお仕事が終わってからの食事なので、わたしの利用する電車の終電を考えても、きっとお食事する時間がやっとだろうと思う。

食事はいつもお逢いする街でとることになった。
自然とそうなったのだけれど、sinさまのお仕事の時間を考えると、わたしがsinさまの近くまで行くのが良い。
待ち合わせの時間も普段なら当たり前にお仕事をされているのだから、いつもよりかなり早くお仕事を切り上げてきてくださることになる。
本当ならsinさまの会社のある駅まで行っても良いくらいだ。

待ち合わせの時間が決まれば場所だ。
sinさまに飼われるようになってから、もうずっとこの駅のこのビルの前で待ち合わせしている。
はじめてお逢いしたときに、sinさまがわたしの知らない街なので、シンボル的なビルを指定してくださったのだ。
それ以来、ずっとわたしはここでsinさまを待っている。

過去2回だけ他の場所で待ち合わせをした。
1度目ははじめてのデートのとき、わたしの街まできてくださって、複合商業施設にある駅の改札だった。
今でも改札口から少し離れた場所の壁に軽くもたれ掛かって待ってくださっていたsinさまを思い出してはひとりにやにやすることがある。
2度目はやっぱり二度目のデートのとき娯楽施設の駅前で、sinさまは遊び道具を持って、駅の外からいらしたのだった。

その2回以外は、ずっと同じ場所で待ち合わせしている。
わたしにとっては、きっと一生忘れられない場所だと思う。
いろんな場面を思い出しても、心を温め思い出すのはここだろう。

今回、お食事する場所が駅ビルのなかにあったので、駅の改札口で待ち合わせするのがよいかな?と、思いsinさまにメールした。
sinさまから聞き慣れない改札口の名前が返事される。
まぁ・・・探せばなんとかなるかも?と、思っていたら待ち合わせ場所から少し離れた大通りに他の海鮮会席のお店を見つけた。

ここでもいいかも?と、sinさまにメールする。
ほどなくしてお返事を受信。
「店の場所はわかりました。ここならいつもの場所で待ち合わせしましょう。」

わたしはこのメールを読んで、ドキンっと、心臓が跳ねて鼓動した。
そしてなんとも言えない歓びがわきあがった。

いつもの場所。

わたしはどちらかというと、いちいち名称を言わなくては気が済まない性格で、この待ち合わせ場所も「○△時に□×ビルの前で待っています。」と、もう何年もこんな書き方をしていた。

それがsinさまの「いつもの場所」という言葉に、まるでふたりだけの秘密のキーワードを持っているような、わくわくした気分になったのだ。

うん。いつもの場所。
いいな(*^^*)ポッ

これからは「いつもの場所でお待ちしています。」そう言おう。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

ふたりの「あなたを想う気持ち」

sinさまがお仕事帰りに時間をつくってくださった。
夜、3時間くらいだからお食事がメインだ。

でも、sinさまは毎日終電近くまでお仕事をされている。
この日に時間をつくるためにお仕事をがんばってくださっていることは容易に想像できた。

わたしは仕事が終わってから美容院に行って、化粧直ししても充分間に合う時間に会社をでることができる。
なので、もちろん美容院の予約を入れた。

メールがこない。
やっぱりこの日のために、今からお仕事の配分で無理をしてくださっているのだろうな?
それでも、どこで食事をするか?何時に待ち合わせはどこにするか?と、言う打ち合わせのメールにはその都度お返事をくださった。
sinさまの誠実さが際だつ。

お忙しい合間にも、日に1通のメールは必ずくださった。
わたしはsinさまのことを想うと、胸が痛くなるほど愛しくなったが、それでもお忙しい合間のメールが嬉しいと、お伝えした。
わたしのために無理はしないでください。とは言えなかった。
だって・・・きっと、日に1通ないし2通のメールは、sinさまの出来る範囲のお気持ちだろうと思ったから。
それに、お逢いする日のために日々のコミュニケーションが薄くなるのは、わかっていてもそのお気持ちを嬉しいと思っていても寂しかった。

それが正直な気持ちだったから。

だからsinさまがわたしのためにしてくださることは、全部嬉しく受け取った。
わたしがどんな想いで3ヶ月をやり過ごしてきたか?sinさまはわかろうとしてくださっている。
そして、少しでもわたしを挫けさせないように配慮してくださっているのがわかるから・・・。

わたし自身もこの3ヶ月お忙しいsinさまを励まし支えたい!って気持ちで接してきたから。

相手を慮る気持ちをお互いが大切にする。
sinさまがわたし達主従のそれをご自分の淫らな牝と育んでくださったのだ。

嫌ってほど虐められて、酔うほどに温められるしあわせ。
あぁ・・・お逢いする日を待ちきれなくて狂う。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

心地好い静寂

1時間ほどでお店に戻ると、席を待つ客で溢れていた。
夏休みが終わるから?ファミリーが多い。

sinさまが戻ったことを伝えると、すぐに呼ばれた。
「○○さまぁ!」ってすごく大きな声^^;

明るい店内で同じ会席のコースをオーダーして、広めのテーブルに向かいあう。
やっぱりカウンター席が良いなぁ。なんて思う。
賑やかな店内で、わたし達の席だけが静かに時間が流れていくみたい。
時折料理の感想を言ったり近況を話したりするけれど、sinさまはあまり話されない。

sinさまと過ごすようになって、いつからか?わたしはsinさまの言葉を待つようになっていた。

sinさまは言葉のない空間を心地好く過ごされる。
それでもわたしの存在に、はっと気づくように声をかけてくださったり話題を提供してくださる。
きっとおしゃべりが苦手なんだろうな?

最初のころは、声を聞くことがないほど口を開かないsinさまだった。

今はわたしを傍らに淫らで静かな空間が心地好いのだろう。
sinさまの人となりを知るほどに、この静かな空間のなかのコミュニケーションを感じる。
ただ黙々と過ごしているわけじゃない。
わたしを見るsinさまの目はとても表情が豊かで、一緒にいる温かさを得ている。

そんな食事も良い。
でも、だからこそ密着していたい。
次の機会はカウンター席があるお店にしよう♪♪

ごちそうさまでした*^^*


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
このページのトップへ