FC2ブログ

しあわせなひとときを…。

あけましておめでとうございますヾ(๑╹◡╹)ノ"

昨年最後の日にブログを更新する予定でしたが…夕方からsinさまとずっとメールのやり取りをしていて、更新できませんでした。
とても温かな2016年最後の日になりました。
(メールの内容は破廉恥なものでしたが**(/▽/)**ハズカシ)

でも、2016年最後の日だから書けたって想いもあったから、それがエントリーにできなかったのは、それはそれでちょっと残念デシタ。

昨年のクリスマス、わたしはsinさまに拗ねたメールをお送りしてしまったことを書いた。

なかなか逢えないことや、メールがないことが寂しくて、心許なくて…そんな気持ちをsinさまに伝えたのだった。

2015年の12月。
sinさまとわたしの関係は途切れかけていた。
あのとき…全てに無を欲しられたsinさまが、わたしのことをその美しい指に辛うじてかけてくださっていた。

全てに無関心で飄々としたsinさまの、最初で…きっと最後の弱音。
わたしはsinさまの足許から立ち去ることもできたけれど、そうはしなかった。

ただ…静かにsinさまの足許で、sinさまが生気を取り戻されるそのときを待つ決心をしたのだった。

春が芽吹くころに、sinさまはご自分の足許で、まるくなっているわたしに気づいて撫でてくださったのだった。
ただ…ひたすら待った。
毎日毎日sinさまにメールをお送りした。
わたしの感じた嬉しいこと。ワクワクすること。心を和ませるもの。美しい景色。清々しい光景。

それは…献身だったかもしれない。

sinさまのお心は浮遊していたけれど、2016年のこの期間は、ふたりだけの時間と空間を過ごしたのではないか?と感じている。

わたしのところに戻ってきてくださったsinさまは、お逢いできなかった半年のことなど全く感じさせない、いつも通りの飄々としたつれない男だった。

でも…だから、わたしはあのクリスマスの夕に、拗ねたメールをお送りすることができたのだ。

sinさまがsinさまであって…わたしがわたしであること。
sinさまの遣り方でわたしを満たし、sinさまにひれ伏す淫らな牝がsinさまを満たす。

悦びとともに2017年が明けた。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

迷う牝。

昨年最後のエントリーは、ご挨拶ではなく、わたしの浅はかな願望を書いて終わってしまった。
その原因は、年末にずっとsinさまとメールのやり取りをさせていただいていたから…と、いうとてもしあわせな理由だったのだけれど**(/▽/)**ハズカシ

メールの内容は、乙女心に応えるような嬉し恥ずかし的なものではなく、とても破廉恥な内容だったのだけれど…。
年末の「願望」というエントリーは、タイトル通りのわたしの願望のことを書いたものだ。

わたしの野卑な願望を、全てsinさまに告白したい。でも、あまりにも浅はかで卑しくて…泥の奈落を這い摺りまわるようなことで快感を得るわたしの願望を、とても口にはできない。

sinさまは詮索なさらない。
わたしの澄ました口が、牝の業を晒すのをただ待っている。舌舐めずりしながら…。

昨年の9月にお逢いしたとき、sinさまが激しく興奮された瞬間があった。
わたしには、それがなぜか?理解できなかった。
そして、10月と11月。と2ヶ月連続で、ごあいさつにかえて牝のオナニーを見ていただいた。
命令ではなく、わたしが自ら願いでた行為なのだ。

このときに得た激しい被虐の快感が忘れられなくて、もっともっと欲しくて…。

こんな浅はかで虫けらを足蹴にするような願望をsinさまが知って…sinさまの嗜虐心を萎えさせてしまわないだろうか?
見下げ果て、ちんぽを疼かせるどころか、わたしを見る眼の奥に軽蔑しか映らないのではないだろうか?
自尊心が軋む。

それこそわたしが望む快感。願望で…でも、そこまでの業を持つオンナに、興奮する男がいるだろうか?

sinさまはそれほどまでに、ご自分の嗜虐性を表されない。
まるで普通の精神を持った男だとでも言いたそうに、わたしの前に存在するのだ。

人間が人間を飼うなどとおこがましいことができる男が、正常な精神であるはずはないのだけれど、sinさまには全くその片鱗を見ることができない。

それが牝を迷わせ追い詰める。

昨年の最後の日に交わしたメールに、わたしはsinさまの嗜虐性やお好みを知りたくて、食い下がったけれど結局何も得ることはできなかった。
そればかりか、結局牝の業を暴かれ引き摺りだされ、その足許にひれ伏す被虐の快感に震えたのだった。

それでも…それでも…わたしはまだsinさまに、牝の業のすべてを晒してはいない。
sinさまも、そう簡単に晒させてはくださらない。
ご自分の牝をどこまでも、泥の奈落へ堕とし追い詰め、狂気のように快楽を求め乞う屈辱に濡れさせる。

ご自分は、まるでそんなことを望んでもいないように飄飄として。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

傍らで…。

我が家のちび主殿。
このブログでも時折り触れているが、わたしには小さな…いや、今や小さかった息子がいる。
親離れを迎えて、口数はぐっと減ったし、毎日のことを聞いても「普通。」なんて素っ気ない返事しかしない。

ほんの2年前までは、彼のすべてが母親であるわたしから始まっていたのに…今は口をきくのも面倒な存在になっている。
反抗期って時期なんだね。
母はとても寂しい。
成長し、自立するための時期なのは充分にわかるけれど、スキンシップというコミュニケーションがなくなってしまったのが、辛いのだ。

ぐっとがまんしながら、彼が寝ているときに、髪を撫でたり鼻を抓んだり耳をひっぱって、怒り狂われている(苦笑)
だって、だって、可愛いんだものー!

年末年始は、12月31日から1月3日までと、久々にまとまった休日になった。
31日はお正月の買い物に大わらわで、夜に落ち着いて家族で毎年恒例の年越しの食事をした。
食事のあとは、団らんの時間。
息子がわたしの膝にころんと横になって、甘えてくる。
わたしは嬉しさを爆発させながら、感情を隠して息子のしたいようにさせておいた。

居間から部屋に戻っても、ぴったりわたしにくっついて、背中にもたれ掛かったり後ろから跨って自分の体のどこかをわたしにくっつけて過ごしている。
気まぐれな猫みたいだな。

わたしの仕事が忙しくて、こんな風にゆったり同じ時間を過ごすことが最近はなかった。
やっぱり寂しいのかもしれない。
まだまだときには甘えたいのかもしれない。

きっと、充分に甘え充電ができたら、またいつもみたいに素っ気なくなるのだろう。

でも、この時間は親離れする子どもの手を離して、自分も子離れしなさいよ。と、神様がくれた最後の小さな息子とのしあわせな時間だったのかもしれない。

ふと、sinさまのことを想った。
なかなかお逢いできないsinさまとの時間のなかで、甘えられる時間がある。
わたしは静かなsinさまに、寄り添ったり背中からぎゅっと抱きついて額や頬をすりすりと愛おしむ。
まるで子どものような心で…ただ甘える。

sinさまは毎回、なに?どうした?と、言うような表情をされてから、わたしの背中を撫でてくださるのだ。

男の子は、こうして自立し大人の男になって、己に純真な想いを抱き手を広げ愛情を求む相手を、慈しむのだろう。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

sinさまの絆し。

sinさまとの関係性が、また変化してきている。
長く飼われていると、まるで何層にもなっているように、そのときどきの関係性の違いが見える。

このブログもきっと最初と今では、わたしのsinさまへの気持ちや、肉欲、感性なども大きく変わっているのだろうな?と、思う。
でなければ、未来のない関係を続けるには味気ない。

特に、sinさまとわたしは己の欲望を満たすための関係なのだ。

この男はとても不可思議な男だ。
強い嗜虐性を持っているのは確かだろう。
そして、とてもとても意志が強く、揺るがないうえに、辛抱強い。

掴みどころのない男。
何年も一緒にいるけれど、よくわからない男。ずっとそう感じていた。

とても無口で、自分の欲望さえ表に出さない。
それだけではなく、SMに関してや、その他様々な事柄に対して、自分の意見を積極的に語ることもない。

どうして自分の見解を口にしないのだろう?聞いてみたことがある。
そしたら「自分がないのでしょう。」と、気持ちよい声で笑いながらおっしゃった。
何より不思議なのは、sinさまがこのブログに興味を持たれないことだ。
わたしはブログを開設していることを、sinさまに伝えているし、このブログを介して知り合った方々のことをお話しすることもあるが、全く食指を動かされることがない。

自分のことが綴られているブログに関心がないなんて、やっぱり相当変わっている。
人間味がない男。そう思っていたけれど、実はそんな単純なことではなくて、sinさまの意志によりブログに関心を持たれないのだと、感じるようになった。

わたしのsinさまへの思いを外に向かって発信しているものには、意味を感じられない。
sinさまに対しての牝の想いや欲望は、直接sinさまへむけられて初めて意味を成す。
間接的な意思表示を好まない男なのだ。

言葉のないsinさまの豊かなお心。わたしの被虐心とご自分の嗜虐心ゆえの、関係性。
そして、永い間肌を触れ合わせるだけの、コミュニケーションで、自然に生まれた絆し。

信頼とか、尊重とか、絆。
それよりもなによりも、sinさまとこの男のものである牝は、sinさまの絆しで繋がれている。

らしいよなぁσ^_^;

そして、わたしはわたしとして、この男のことを知っている。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

一滴の勢いに犯される。

女性は自分の恥部を見ることって、あまりないだろうな?と、思う。
きっと一生見ないで終わる人の方が多いんじゃないかな?

わたし自身、sinさまに飼われるようになって、痴態を記録するようになり、初めて見たのだ!しかし正視できないほど衝撃をうけた…あまりに醜くすぎて…。

昨年は自分以外のその部分を見る機会が2度もあって…そのひとりはあまりに清楚なピンク色の美しさに、もうひとりはなめらかな陶器のような透き通る白に驚いた!

こっこんなに個体差があるとは・・・絶句。

確かにちんぽにもいろんなカタチがあるのを、経験上知っているから…ちょっと考えれば恥部だって違ってあたりまえだったのだ。

閑話休題。
わたしのクリトリスは、きっと異常に小さい上に包茎で、探すのが大変…多分この辺にあるだろうな?ってほどだ(大汗)ってか、皮と同化しているのかもしれない。
それでも、充分に快感を与えてくれる。

ディルドなど道具を使ってするオナニーを始めて、膣内に挿入する快感を知った。
アナルオナニーでは、オロナミンCやワインのボトルの口などを使用したが、膣内に異物や玩具を抜き差ししてオナニーすることはなかった。
もちろん指も…。

ディルドでのオナニーを知って、sinさまの前で晒す恥辱の快感も相まって、道具を使ったオナニーって気持ちイイものなんだなぁ…と…もっと気持ちよくなりたい…と、いろいろと試してみたくなったのだった。

sinさまは、ご自分の牝の快楽を貪るオナニーに、相変わらずお言葉を差しこまれることはなくしたいままにさせ、淫らなオナニーの報告に牝を蔑まれ、その辛辣な言葉は牝の背骨を伝い脳髄を被虐の快感に痺れさせた。

そんなわけで、秘部に外部からの刺激を与えるオナニーに病みつき状態の淫らな牝なのだ。

ある夜、不意にシャワーの刺激はどうか?と、興味がわいた。
いつもシャワーをあてながらおまんこを洗っているので、あまり期待はしなかったけれど、立ったままで腰を少し前にして、片手で襞をわけ開いてもう片手でシャワーを胸くらいの高さから、点で開いた襞の奥にあたるように少し強めに蛇口を開いた。

はぁぁ…気持ちイイ…ため息のような快感が唇を吐いた。

たくさんの点が、襞をその奥を刺激するように降り注ぐ。
ぶるぶるっと、肩から背中を震わせて、白い喉を見せて心地よい快感に喘いだ。

お風呂の湯気の温かさが余計に牝を心地よくした。
このままずっとただ牝の秘部にお湯を点にしてあてていられたら、それで満足。そんな愛撫されるような快感だった。

襞にあてていた指に少し力が入った途端、心地よい点の快感はまるで刺すような鋭利な針となって、ただ一点を攻撃した。
わたしはぎゃんっっと叫ぶと、堪らず腰を引いた。
ピンポイントにクリトリスを責めたのだと、すぐにわかった。
凄まじい衝撃だった。

それこそ生皮を剥がされ赤むけにされた突起に、アルコールを刺されるような…あぁでも…それは痛みではなかった。
そして、快感とも呼べない。
言葉に尽くせない激しい触感だった。

ぬるい快感を得る心地よさと、堪らない恐怖の刺激。
欲しいのは心地よい快感で…しかし、この快感を得るのには、まるでロシアンルーレットのような強引な責めが隠されている。

あう…でも…でも…どこかでこの一滴に犯される快感を求めているのだ…。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

鏡のなかの…

鏡のなかの…


尻。

こんな風に己の後ろ姿…尻を見る機会って、あまりないかもしれない!
偶然合わせ鏡で目に入った、牝の尻。

なかなかに肉感的。
この自堕落なスパッツがまた…唆る?
sinさまにお送りする。
牝の尻にむらむらされたい(*ノ▽ノ)イヤン


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

流れる月日のなかで…

どうやら1月もお逢いできそうにない。
また2ヶ月あいてしまう。

もしかしたらそれは3ヶ月になるかもしれない。

でも、心は違う。
sinさまとお逢いできなかった半年…その後の思うようにお互いの時間を調整できなかったもう半年…。

あの1年。
わたしのsinさまへの想いが確固としたものになった。

それは…sinさまにとってもそうだった。
それがわかっただけでも、このお逢いできない今は大きい。

逢えない。
でも、sinさまのお気持ちを知ることができた。

しあわせ。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

スペシャル

sinさまは…どうしてこんなに変わられたのだろう?
sinさまの強いお心がわたしの繊細を鷲掴みにする。

この1年のわたしがsinさまを変えたとは思わない。
sinさまはご自分で己を取り戻されたのだ。
わたしは、ただ…ただ…足許でsinさまに何もして差しあげることもできずに、静かに丸くなっていただけの1年だった。

ふと、飼われはじめた頃のことを思い出した。
わたしが、もし、sinさまにお逢いするために、いつもの場所に行くことができないような環境になったら?
そうお聞きしたとき、sinさまはおっしゃったのだ。

そうなったら、私が(mineに)逢いにいきますよ。

あのときから、sinさまのお気持ちは変わっていないのだ。

揺るがない男。
はじめから…わたしはこの男のスペシャルだった。

感涙。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

ちょっぴり限界。

sinさまからメールがなかった。

お忙しいのだろうか?
体調を崩されているのではないだろうか?

それとも、わたしのことを忘れてしまったの?
メールの間隔があくと、ついそう思ってしまう。

いつかは、「わたしをお忘れですか?」と、メールをしたこともあった。
「忘れるわけがありませんよ。」と、それだけのお返事が届いた。

sinさまは、とてもシンプル。
余計な言葉は一切なくて、ご自分が伝えたいことだけがメールにある。

sinさまの気配を感じられなかった日の翌日は、大抵朝のうちにメールを受信する。
それが…その日は朝のメールがなかった。

sinさまは、またわたしをお忘れなのだろうか?そんなことはないのはわかっているのに、拗ねたくなる。

あ…そうか…そうだ。昨日からsinさまの気配を感じられなくて、わたしはとてもとても寂しいのだ。
寂しい。って気持ちに気づくのに、途方もなく時間がかかる。

そろそろsinさまの休憩時間が終わるころだな…お昼にメールがなければ、夕方遅くまでメールは望めない。
1月はお逢いできるはずだった日に、まずsinさまのご都合がつかなくなって、次にわたしが仕事になってしまった。
だから、本来ならお逢いするのは来月になってしまうはずだったのだけれど、わたしの1月最後の休日に合わせてsinさまのお時間を調整してくださっているから、とてもとてもお忙しいだろうことは容易に想像がつく。
それがわかるから、拗ねたくない。

それでも…ちょっと…気持ちが限界かも?そう思ったのと同じに、iPhoneがsinさまのメール受信を知らせる。
わたしは胸を高鳴らせながら、sinさまのメールに胸を熱くしたのだった。

sinさまの肌の感触を思い出した…早く…早く…逢いたいよ。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
このページのトップへ