FC2ブログ

ここに来る理由。

5月です!
4月は月雑記をアップできなかった。
なんでだろ?
忙しかったんだな。きっと。

わたしの左上半身は、まだやっと左手で物をつかめる程度の回復。
それなのに、sinさまとお逢いしたあの日は、機能はしなかったけれど、ご奉仕のじゃまもしないでくれた。
(結局は集中力の為せる技だったのだろうと思うけれど…思いって凄いよね?!)

それでも、グリーン席に座って移動できたとは言え、1時間近くも同じ姿勢でいることはとてもとても辛くて、悲鳴をあげそうだった。
どうしてこんな思いをしてまで、sinさまに逢いに行こうとしているのか?

左腕が重くて怠くて痛くて…こんな状態で逢って、満足できる時間になるはずないのに…。

わたしは4年前に職種変更してから、仕事に慣れながら、慢性的な人員不足のフォローに休みも充分に取れず疲れ切っていた。
それ以来、こんな風に自分の体調や日々の疲労具合で、思うように体調の良い日にsinさまに逢えないこと…結局はsinさまの都合で逢う日を決められることに、面倒を感じるようになった。わがままな牝なのだ。

そんなマイナス思考ぐるぐる状態で、いつもの駅に着いた。
ほどなくsinさまからメール。「電車の遅延で、15分ほど遅れそうです。ごめん。」

あう。この辛い左を引き摺っている状態での15分は辛い。
いつもなら殊勝げに「はい。おまちしています。」と、お返事するのだけれど、この日はメールを受信したのが喫茶店の前だったこともあり、この喫茶店で15分ほど休んでからいつもの場所へ行くことにして、その旨sinさまへメールした。

コーヒーとチーズケーキをオーダーするも、さっきまでと同じ姿勢に左腕がうずうず怠くて…味なんてわからない。

拷問されるみたいに、ケーキ食べてコーヒーを飲んで、15分というとても長い時間を過ごした喫茶店を出て、いつもの場所へ向かう。
あともう少しで着くってあたりで、sinさまから「着きました。」と、メールをいただいた。
わたしも即「もう着きます。」とお返事する。sinさまのことだから、きっとわたしみたいに突っ立ってsinさまを待つようなことはなさらないだろう。
案の定、店の中にsinさまの後ろ姿を発見。

ふふ♪
いつもと違うシチュエーション。たまにはこんな風に、わたしがsinさまを見つけるのもいいものだ(嬉々)

sinさまの後ろからそっと腕に手を当てると、ちょっと驚いたみたいに振り向かれた。
こういう無防備なところも好き。

コンビニで食料を買う。本当はわたしだけが知る理由から、今日はアルコールを飲みたかったのだけれど、いかんせん。三度の食後の薬を飲まなくてはならない。涙を飲んで諦める。

sinさまの美しくて優しい手が、酷い仕打ちでわたしの肌を朱に腫らす。

ことを為したあとに、sinさまがわたしをご自分の腕なにいざない、さらさらの手がわたしの肌を優しく撫でる。
その瞬間に、わたしはsinさまの想いを感じる。
あたたかで心地よい感触。

しあわせ。

この幸福のために、わたしは重い左を引き摺って、ここまできたのだ。と知った。
そうなのだ。
わたしはいつもいつも疲れ切っていて、本当はゆっくり自宅で疲労を癒したい。と、1時間も電車に揺られてここまでくるのが面倒だと思うのだ。
それなのに、このsinさまと触れ合う時間が恋しくてわたしを心地よくしあわせにすることを、また毎回毎回わたしに思い知らせるのだ。

そして、自分がこんな風に自由な時間も、充分な気力や体力もなくなってしまってはじめて、sinさまもそうなのだ。と知った。
sinさまもとてもお忙しくお疲れで…本当は少ないお休みの時間をご自宅でゆっくり過ごして、お疲れを癒したほうが良いのだ。
(何と言っても虚弱体質だしね(大汗))

それでも、sinさまは、何年も何年もどんなにお疲れでも、わたしとの時間をつくって、わたしに逢いに…そしてご自分の嗜虐を満たすために、満身創痍でここに来られるのだ。

思いあい。
求めあっている。

だからわたしは、sinさまがご自分の牝を呼べば、どんなことをしても、ここに来るのだ。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

素敵な誕生日?

髪が伸びていた。
左腕が動かないわたしは髪を結ぶことができない。

息子に湿布を貼ってもらうのに、髪がじゃまで…まずは髪を結ぼう!と、息子に頼んだところ…どうやって結べばいいのか?わからない。と、言った。
そう言えば、以前付き合っていた男性で、髪を結べたのって自分も長髪で髪を結ぶことができた男だけだったのを思い出した。

髪を結ぶという行為は男性には結構難しくて、ある意味女性慣れしていないと、ハードルが高いかもしれない。

sinさまとのバスタイム。
長い髪を湯船につけたくはない。
一応sinまさに髪を結んでいただけますか?と、お願いしてみた。
ふたつ返事で「いいですよ。」と、sinさま。
あら?ちょっと、心の中をもやもや(苦笑)させながら、ゴムを渡して後ろを向く。
sinさまの指がわたしの髪に触れる…そして躊躇するsinさま。

「どうやって結ぶの?」すぐに降参されてしまった。

そうですよね?ちょっと難しいかな?と、嬉々として答えながら、わたしの左腕を後ろ手に支えていただいて、髪をつかんだわたしの右手首にはまったゴムを左手に移してもらった。
それを1〜2回繰り返して髪を結んだのだった。

うふ(照)なんだかとても嬉しかった。

時々…言葉を交わしながら、わたしの左腕をマッサージしてくださるsinさま。

ゆっくりと流れる時間を、sinさまの素っ頓狂な声が破る。
「あ。」焦りながら「誕生日?だよね?」と、おっしゃった。

「はい。もうとっくに過ぎましたけど。」と、答えるわたし。

沈黙。
バツの悪い顔をしながら「ごめん。」と、おっしゃった。
「どうしても…覚えられなくて。」と…。

「(sinさまにとって)どうでもいいことだからじゃないですか?」と、わたしが誕生日を祝って欲しいとお願いしたあの4月から、もう6回目の誕生日。
過去5回はスルーされてきたのだ。
わたしからsinさまにお願いしたのは、このひとつだけだ。わたしの誕生日を祝って欲しい。

だからこの件に関してだけは、わたしは辛辣だ。

でも、今年もわたしの誕生日は覚えていらっしゃらなかったけれど、4月がわたしの誕生月だってことは覚えてくださっていたみたい。

わたしは「わたしの誕生日をお祝いしてください。」と、お願いしてから、過去5回の誕生日には「どうしてたったひとつのわたしの願いを、叶えることができないのか?!」と、泣きながらsinさまにメールをしてきた。

嬉しいはずの誕生日に、毎年泣いている。寂しくて悲しい想いをするなんて、おかしい!
祝ってもらえる1年で1度だけのわたしだけの記念日を、泣いて過ごさせても平気な男なんて!
と、わたしは毎年4月になると、真剣にsinさまとの関係を清算すべきだと悩んできたのだった。

今年の誕生日にはそんな悲しいメールはしなかった。
諦めたわけでも、許したわけでもない。

ただ。しなかった。
そして、やっぱり忘れられていたのだった。

この日コンビニでアルコールを買おうと思ったのは、4月はわたしの誕生日だったからだ。
ちょっとsinさまにおねだりしよう。と、思っていたのだ。
頚椎を痛めて薬を処方されていたので、諦めたのだけれど…。

それが突然降って湧いたように、sinさまはわたしの誕生日を思い出されたようだった。
素っ頓狂なsinさまの声。本当に突然思い出したんだろうなぁ。

ホテルを後にした帰り道、突然強い雨が降り出して、ふたつの傘がふたりを分けた。
傘を合わせながら「(mineの誕生日を)どうでもいいなんて、思っていませんよ。」ぽつりおっしゃるsinさまを愛おしいと思った。

また来年。

-----
過去の誕生日エントリー(苦笑)
2013年4月のエントリー「誕生日」
2014年4月のエントリー「筋金入り」
2015年4月のエントリー「わたしの男。」
2016年4月のエントリー「気がついたら春だった?」



FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

男の知らない羞恥。

お風呂♪


左がうまく機能しない。(涙)
夜眠れない。
躰を緊張させないようにしたいのだけれど、この重くて怠くて響く痛みは、躰を強張らせる。

sinさまのメールにお返事ができない。
iPhoneを支えることも辛くてできない。

明日にはお逢いできる。
悦びをお知らせしたい。でも、どうしてもできない。

夜 遅くsinさまから明日のことを…容赦ないひと言が届いた。

心を占めていた不安が、溶けていく。お逢いできる悦びが…淫らな歓びに変わり牝を濡らした。


sinさまにお逢いできるのは嬉しい。
sinさまはこんな状態のわたしを…sinさまに逢いに来るからには…嗜虐を満たすためにお使いになるおつもりなのだ。


しかし…左が機能しないわたしは…躰のお手入れができない。
陰毛は中途半端に伸びて…見窄らしく…もちろんムダ毛も気になる。

こっこの躰をsinさまに開くのか?!
わたしは目眩がするほど恥ずかしくなった。

でも、どうすることもできなくて…顔と足のお手入れだけはなんとかした。

こんなに恥ずかしく…心許ない気持ちになったのは久しぶりだ。
sinさまはなんと思われるだろう?
言い訳を聞いてくださるだろうか?

あぁ…なんて言い訳すればいいのだろう?

果たして、sinさまは容赦なく牝の躰を開き、わたしの羞恥心など気にもかけずに、牝を快楽の奈落に堕としたのだった。

あう…表面的にでもこの体たらくを指摘してくださり、言葉で責めてくださったら…羞恥にまみれた言い訳を快感にかえられただろう…本当に酷い男なのだ。

乙女の恥じらいは完全にスルーされて粉々に砕け散ったのだった…。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

菖蒲湯♪

菖蒲湯♪


今日はとても良い天気♪
用事があって、お出かけ。
いたるところに、鯉のぼりを見た。
端午の節句だ。

sinさまに5月の風にそよぐ、鯉のぼりをお送りした。
お友達にも*^^*

そして、子どもの日と言えば、菖蒲湯♪
我が家は、菖蒲をそのまま湯船に浮かべる。

柚子湯のときと同じように、写真を撮ってsinさまにお送りした。
この写真で、sinさまのお風邪が治るわけではないけれど、気持ちはご自分の牝とご一緒にご入浴でも…なんて(照)


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

私信。

----------

その1.
5月7日(日)に、ブログのメールフォームよりメールをくださった生涯愛奴◯◯◯様お返事を差し上げましたが、エラーで送信できません。
お返事が必要と思われる内容でしたし、わたしの意思もお伝えしたいです。

メールフォームより正確なメールアドレスを明記の上、再度メールをいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

----------

その2.
わたしのブログのメールフォームよりメッセージをくださったのに、メールの返事がこないよ!と、いう方へ。

普段はブログ用のメールアドレスを使ってお返事をしていますが、一時期メールフォームの返信サービスより返信させていただいた方が幾人かいらっしゃいます。

今回のことで、メールフォームの返信サービスを利用して、メールアドレスが間違っていたら、エラー表示があるのだろうか?!と、疑問に思い架空のメールアドレスよりテストメールをしてみたところ、エラー表示がありませんでした?!

ですから、こちらとしてはメールは届いていると考えています。

もし、もし、メールフォームよりmineにメールしたのに、返事がなかったよ!と、言う方がいらっしゃいましたら、もしかしたらメールアドレスが間違っている可能性があります。

今一度メールをいただけたら幸いです。

よろしくお願いしますm(_ _)m

----------


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

ふわふわ

ブラインドになっている窓から、朝の光が差し込む休日。

目を覚まして…そして微睡む…。

ふわふわする感覚…胸の奥がうずうずして、わくわくする感情が湧きおこる…
なんだろ?夢かな?だったら目を覚ましたくない…もっとこの心地よさのなかにいたい…

寝返りをうちながら、抱き枕に顔を埋める。

なんだろ?これ?この感触。
くふくふと頬を緩めながら、それがなぜかわかって…もっと歓喜する。

sinさまのことを想っていたのだ **(/▽/)**キャン

わくわくしてふわふわして…うずうずする。
無意識なのが堪らない ヽ(๑>◡<๑)ノシ


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

気持ちイイ

とてもいい天気!
誰も居ない天空の庭に踏み込む。

そよそよとわたしの頬を撫でる風の清々しさに、思わず「気持ちいい♪」と、声が出た。

本当に気持ちよくて、誰もいない空の開放感も相まって伸びと一緒にでた言葉だった、

ふと、セックスのときも、スパンキングされているときも、「気持ちイイ」って口走っているなぁ…なんてひとりごちる。
あ、スパンキングのときは気持ちイイとは言っていないかも?記憶が飛ぶからよくわからない(大汗)

どれも「気持ちイイ」なんだけれど、どれも毛色の違う「気持ちイイ」だなって、降って湧いたみたいに感じた。

sinさまの腕枕で眠る「気持ちイイ」もまたどれとも違う「気持ちイイ」だなぁ〜(嬉々)
でも、全部の「気持ちイイ」が大好きで、もっともっといろんな「気持ちイイ」で満たされたい。

あぁ…そして、sinさまにもいろんな気持ちイイを感じていただきたいなって…
もちろん…牝を翻弄することで、そのちんぽを疼かせるような「気持ちイイ」を、一番感じていただきたい(照)


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
このページのトップへ