FC2ブログ

8月雑記♪(幼少期の想ひ出予告。)

ばたばたしているうちに7月が終わってしまった…。
最近は、ゆっくりパソコンの前に座れたときだけ、ブログ更新する。ってそんな感じ。

しかも、我が家のパソコンは家族共有なので、なかなか順番がまわってこないのだった。

なんか8月は忙しそうで…わたしが。
sinさまのご都合に日程が合わなければ、お逢いするのは難しそうだなぁ。
ただでさえ8月は、逢えない確率の高い月なのだ。

先月Twitterに「一体、女性のどれくらいが、性的被害・虐待・いじめに遭っているのか?あまり公に話すことではないので、わからない。だから比較はできないのだけれど、わたしのように幼児期に性的虐待を受けてしまった場合、その後もそんな場面に陥いる可能性は高まるのではないだろうか?などと最近考えることがある。」と、呟いた。

先月のブログエントリー「願望と現実。」をアップして思ったことだった。

よく、頻繁に性的被害に遭う女性は、スキがあるからだ。とか、化粧やスタイルがセックスアピールしているからだ。と、言われるけれど、幼児期に遭遇してしまった場合はどうなのだろう?

わたしは体が大人になるまでに、何度か性的被害に遭っている。
ブログにも書いたように、それを受け入れている。
その中でも、大人にイタズラされたのは2度だけで、あとの複数回は子どものいたずらや好奇心から、裸に剥かれたのだった。

周囲を見まわすとみんなそんな経験はありません!(きっぱり!)って、顔で生きている。
そうなのかなぁ?どうなのかなぁ?
興味は尽きないところで、ふと、以前その中でも衝撃的だった、経験をブログにしたのを思い出した。
それが→エントリー「はじめての卑猥の記憶

小学生のころは、夏休みや放課後に、いろいろな経験をして、そのなかに性的なものも含まれていたように思う。
だから、この時代の性的な経験は割と誰にでもある記憶のようにも思う。
この少女は鮮烈ではあったけれど…。

本当のはじめてはもっと小さかった。幼児期かな?よくある近所のおねいさんに懐いたら、とんでもない事態に陥るが、判断能力のない幼児にはトラウマにしかならなかった。と、言う性的虐待劇。
断片的な記憶で、記憶障害にも陥りその後の人生が大きく変わったのではないか?と、思う。
しかし、今のしあわせを思うと、それも運命。

そんなわけで、最初の性的虐待については、ここまでとして、子どものころのいたずらやいじめ?好奇心から為った、わたしの性体験を大人目線で綴ってみることにした。

乞うご期待(謎)


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

あ○。

痣。


痣 あ ざ とか。
痕 あ と とか。

sinさまが牝につける痣は…気持ちイイだけじゃなくて…痛いだけじゃなくて…
まるで乳首を吸われてるような錯覚に、夢中になる。

あれ…なんだろ…不思議…。

わたしが「sinさまにつけていただいた痕が…」と、メールすると「あの痣は…」とお返事が来る。

確かに痣だ。
最初はピンク色に腫れていて…次第に赤黒い内出血のまわりが黄色く変色していく。

最近…こうしてご自分の痕を牝につけられることがあって…それが打ち震えるほどわたしを悦ばせる…。

お気づきだろうか?


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
このページのトップへ