FC2ブログ

8月雑記♪(幼少期の想ひ出予告。)

ばたばたしているうちに7月が終わってしまった…。
最近は、ゆっくりパソコンの前に座れたときだけ、ブログ更新する。ってそんな感じ。

しかも、我が家のパソコンは家族共有なので、なかなか順番がまわってこないのだった。

なんか8月は忙しそうで…わたしが。
sinさまのご都合に日程が合わなければ、お逢いするのは難しそうだなぁ。
ただでさえ8月は、逢えない確率の高い月なのだ。

先月Twitterに「一体、女性のどれくらいが、性的被害・虐待・いじめに遭っているのか?あまり公に話すことではないので、わからない。だから比較はできないのだけれど、わたしのように幼児期に性的虐待を受けてしまった場合、その後もそんな場面に陥いる可能性は高まるのではないだろうか?などと最近考えることがある。」と、呟いた。

先月のブログエントリー「願望と現実。」をアップして思ったことだった。

よく、頻繁に性的被害に遭う女性は、スキがあるからだ。とか、化粧やスタイルがセックスアピールしているからだ。と、言われるけれど、幼児期に遭遇してしまった場合はどうなのだろう?

わたしは体が大人になるまでに、何度か性的被害に遭っている。
ブログにも書いたように、それを受け入れている。
その中でも、大人にイタズラされたのは2度だけで、あとの複数回は子どものいたずらや好奇心から、裸に剥かれたのだった。

周囲を見まわすとみんなそんな経験はありません!(きっぱり!)って、顔で生きている。
そうなのかなぁ?どうなのかなぁ?
興味は尽きないところで、ふと、以前その中でも衝撃的だった、経験をブログにしたのを思い出した。
それが→エントリー「はじめての卑猥の記憶

小学生のころは、夏休みや放課後に、いろいろな経験をして、そのなかに性的なものも含まれていたように思う。
だから、この時代の性的な経験は割と誰にでもある記憶のようにも思う。
この少女は鮮烈ではあったけれど…。

本当のはじめてはもっと小さかった。幼児期かな?よくある近所のおねいさんに懐いたら、とんでもない事態に陥るが、判断能力のない幼児にはトラウマにしかならなかった。と、言う性的虐待劇。
断片的な記憶で、記憶障害にも陥りその後の人生が大きく変わったのではないか?と、思う。
しかし、今のしあわせを思うと、それも運命。

そんなわけで、最初の性的虐待については、ここまでとして、子どものころのいたずらやいじめ?好奇心から為った、わたしの性体験を大人目線で綴ってみることにした。

乞うご期待(謎)


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

あ○。

痣。


痣 あ ざ とか。
痕 あ と とか。

sinさまが牝につける痣は…気持ちイイだけじゃなくて…痛いだけじゃなくて…
まるで乳首を吸われてるような錯覚に、夢中になる。

あれ…なんだろ…不思議…。

わたしが「sinさまにつけていただいた痕が…」と、メールすると「あの痣は…」とお返事が来る。

確かに痣だ。
最初はピンク色に腫れていて…次第に赤黒い内出血のまわりが黄色く変色していく。

最近…こうしてご自分の痕を牝につけられることがあって…それが打ち震えるほどわたしを悦ばせる…。

お気づきだろうか?


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

見直ししてみた。

わたしにとっては、かなり泣く泣くだったのだけれど…。

Twitterを始めて、2ヶ月弱。
そのおかげか?どうかはわからないけれど、初アクセスらしき方が多く見られるようになった。
(やる気が見えないブログになっちゃったらしく、ランキングは圏外になってしまうくらいなんだけれど(大汗))

8月は、わたしのブログをリンクしてくださるブロガーさんもいて、とても嬉しい*^^*
そこで、久々にアクセス解析をチェックしてみたら、やはりクリック先にわたしのブログにリンクされているブログへ,
飛んで行かれる方が結構多いことがわかった。

わたしはあまりよそ様と交流することがないので、そんなわたしのブログをリンクに誘ってくださる方が嬉しくて、様々な理由から更新が止まってしまったり、非公開になったり閉鎖してしまったブログも、これまでは残していた。
少しでも交流があった方々なので、ブログのタイトルだけでも残しておきたかったのだ。

でも、そんなブログがわたしのリンクの半分くらいを占めるようになってしまって、アクセス解析をみても、もう更新を見ることができないブログへのアクセスも多い。

せっかくどんなブログだろう?と、ブログタイトルをクリックされる方にがっかりしてほしくないし、ブログがなくなった経緯を考えさせたくないと思い、今回リンクから、非公開と閉鎖のブログは消したのだった。

そして、いつも前を向いているブログでいようと決意新たに、でもマイペースな更新を目指しますので、今後ともみなさまよろしくお願いいたしますm)_ _)m


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

7月の淫ら。

前回お逢いしてから、2ヶ月経っていた。

7月に入って、3ヶ月突入?って気分になったころ、sinさまから次の休みに時間がつくれそうです。と、メールをいただいた。

え?!次の休みですか?!
どうしてこうも、うまくいかないのだろう?
お逢いできるのは嬉しいが、その日はセックスできない。
その旨お伝えして、お返事を待ったけれど、やっぱり逢わない。という風にはならなかった。

お口でご奉仕。
これはこれで、かな〜り興奮するし気持ちイイので…好き(照)

sinさまに気持ち良くなっていただくご奉仕のおしゃぶりと、牝を快感に打ち震えさせるフェラ。

sinさまはご自分の快感を口になさらないので、どんなふうにご奉仕するのが気持ちイイのか?を、測るすべはない。

そう言えば、今年に入ってからは、オナニー鑑賞していただいたりお道具を使っていただくことが続いていたので、がっつりフェラチオしていなかった。
なんだかお逢いする前から、背骨がぞくぞくする…。

これまで最初から口だけで射精していただく躾って、あまりなかった気がする。
大抵は身悶えするほど嬲られて、興奮して充血する牝の子宮の奥に、ザーメンをいただいて、2度目か3度目くらいにフェラで喉の奥に射精していただくことが多かった。
最後の最後チェックアウトぎりぎりの時間に、離れ難くて興奮してsinさまのちんぽにしゃぶりつく牝に、ザーメンをくださるのだ。
嬉しい嬉しいとうわ言のように喉でつぶやいて、sinさまのちんぽで奥の奥まで犯しディープスロートに狂う。

1〜3ヶ月に1度の躾なので、骨の髄まで絞られて満たされ次を待ちたいのだ。
簡単に言えば、全部の穴をお愉しみいただきたいのに…膣に挿入していただけないとは…とほほ(。>ω<。)ノシ

部屋に入ると、sinさまがガラス製のテーブルを押しやり、ソファとテーブルの間に牝が跪く空間をつくられた。
わたしは少し躊躇しながら全裸になると、sinさまの腿の間に跪き息荒くデニムを通して、膨らんだ股間に頬ずりしたのだった。
おずおずとsinさまのお顔を見あげる。
誘うように…懇願するように…そしてまた焦れったく股間に少し開いた唇をあて甘噛みしながら、興奮が伝わるほど腰をくねらせたのだった。

sinさまが牝を辛辣なひと言で蔑まれ、腰を浮かせるとデニムとボクサーに手を掛けられるのを、震える手で引き継ぎ露わになったちんぽにしゃぶりついた。
sinさまが片膝ずつあげて、デニムを脱がれるのも待ちきれず、舌を伸ばし腿にしがみつく牝の頭上に、呆れたようなため息落とす。

あぁ…恥かしい…でも がまんできない。
脳髄を羞恥心がびりびりと震えさせ、快感にかえていく…。

湿った舌を広げてべろり…ちんぽの根元から尖端までたらたらと涎を垂らしながら舐めあげる。
ゆっくりと肉棒に涎を絡ませる舌を追うように、唇がじゅるじゅるといやらしい音をたてる。
ディープスロートで喉の奥を収縮させ、溢れる胃液と涎が絡みローションのように滑りながら、カリを圧迫する。
「おえっ」「ぐえっ」と人に聴かせられないような呻きをと一緒に、口角から涎がだらだらと垂れ流す。

sinさまが両手で、牝の乳房を弄るように、勃起した乳首を巧みに愛撫する。
まるで永遠に続くかのような甘い快感に、躰を捩りながら腰をくねらせ、今日は使えない子宮の奥を淫らに疼かせる…あぁ なんて意地悪な男…。

sinさまのお手元に置いたパドルを、美しい手が取りあげるのを、肩口で感じて背骨を震わせる。
一瞬館、尻に衝撃が走り、部屋に牝の肌を弾く音が響く。
それまで甘い快感を与え続けていた乳房や乳首を、今度は片手で揉みしだき捻り潰すsinさま。

興奮が痛みを快感に変えていく。
喉の奥と舌と己が涎でベタベタになった指を、ちんぽに粘るように絡ませながら、髪を振り乱し激しくピストンする。

気持ちイイ…気持ちイイ…脳髄が痺れて壊れたレコードみたいに、喉の奥で快感を繰り返す。
牝の興奮がマックスになったころ、ぐっと頭をすごい力で抑えこまれ、まるで鋼鉄のように硬くなり荒ぶるそれを、喉を突き破るほど奥の奥まで突っ込まれ、イラマチオで牝の細い孔を強引に開くみたいに圧迫し、sinさまの生の源を注ぎ込まれたのだった。

半勃ちくらいに萎んだsinさまのちんぽを、興奮冷めやらない牝の舌がべろべろと舐める。
牝の興奮が落ち着くまで、したいようにさせるsinさまに、羞恥心で身を焦がしながら屈伏する牝の業に酔う この瞬間を…。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

鬼だ。

自分の牝を甚振るのは、さぞ愉しいのでしょうね?
…って、当たり前だよね。

でも、その徹底ぶりに、心底震えあがるのですよ。

セックスできない。って言ったのに。
だから…拘束したり叩いたり、握り潰したり捻りあげる。
道具やおもちゃを使って牝で玩ぶ…そんな時間になるのだろう。と、思っていた。

それが…まるで気が向いたみたいに、甘い愛撫が延々と続いた。
途中噛んだり抓るようなこともなさらずに、本当にただ…ただ…牝の全身に快楽を与え続けられる。

さっきちんぽを突き立ていやってくらい犯した牝の喉を、今度は美しく柔らかな指で撫で、耳やうなじを甘噛みしながら舌を這わせる。
乳房も乳首も…なだらかな腰から尻…腿…。
巧みな舌と美しい指先に、まるで愛されてるみたいに、愛撫されて背骨がぞくぞくと震え子宮を刺戟する。

今日は使えません。と、伝えた「穴」だけが、触れてももらえずにきゅうきゅうと子宮を収縮させて、いやらしい涎を内腿まで伝わらせた。

「欲しい。」「欲しい。」
腰をくねらせ尻を振り、熱い内腿の先をsinさまに擦りつけ喘ぐ。

いくら欲しくても、今日はダメなのだ。それがわかっているのにこの仕打ち。
惨めに滲む牝の目の奥を直視して、口角を歪ませる。

嬌声をあげる。
柔らく永遠に続く快感が、牝を苦痛に身悶えさせる。

「ちんぽ…ちんぽ欲しい。」でも、言えない。
この男…こんなにオンナを気持ちよくさせられるんだ…変に冷静な思考の奥の奥で、こんなにセックスに焦がれたのはきっと初めてだ…と、思った。

正確には焦がれさせられた…だろう。

そしてセックスしたい衝動と、してはいけない。できないことを知っている理性の狭間で快感に溺れさせられ…
こんなに苦しくて惨めで、恥辱に濡れさせられた時間はなかっただろう。

わたしは欲しいとは言わなかった。
sinさまは欲しいんだろ?なんて野暮な言葉で、牝を萎えさせるような男じゃなかった。

延々と愛撫は続く…それはもう永遠に…。

何を思って、喘ぎ苦しむご自分の牝を見おろしたのだろう?
ご自分もとてもとても興奮してらしたことだけはわかった。

そうまでして、挿入できない一点を利用して、牝を嬲り狂わせる。
鬼だ。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
このページのトップへ