FC2ブログ


鬼だ。

Category: sinという男。  

自分の牝を甚振るのは、さぞ愉しいのでしょうね?
…って、当たり前だよね。

でも、その徹底ぶりに、心底震えあがるのですよ。

セックスできない。って言ったのに。
だから…拘束したり叩いたり、握り潰したり捻りあげる。
道具やおもちゃを使って牝で玩ぶ…そんな時間になるのだろう。と、思っていた。

それが…まるで気が向いたみたいに、甘い愛撫が延々と続いた。
途中噛んだり抓るようなこともなさらずに、本当にただ…ただ…牝の全身に快楽を与え続けられる。

さっきちんぽを突き立ていやってくらい犯した牝の喉を、今度は美しく柔らかな指で撫で、耳やうなじを甘噛みしながら舌を這わせる。
乳房も乳首も…なだらかな腰から尻…腿…。
巧みな舌と美しい指先に、まるで愛されてるみたいに、愛撫されて背骨がぞくぞくと震え子宮を刺戟する。

今日は使えません。と、伝えた「穴」だけが、触れてももらえずにきゅうきゅうと子宮を収縮させて、いやらしい涎を内腿まで伝わらせた。

「欲しい。」「欲しい。」
腰をくねらせ尻を振り、熱い内腿の先をsinさまに擦りつけ喘ぐ。

いくら欲しくても、今日はダメなのだ。それがわかっているのにこの仕打ち。
惨めに滲む牝の目の奥を直視して、口角を歪ませる。

嬌声をあげる。
柔らく永遠に続く快感が、牝を苦痛に身悶えさせる。

「ちんぽ…ちんぽ欲しい。」でも、言えない。
この男…こんなにオンナを気持ちよくさせられるんだ…変に冷静な思考の奥の奥で、こんなにセックスに焦がれたのはきっと初めてだ…と、思った。

正確には焦がれさせられた…だろう。

そしてセックスしたい衝動と、してはいけない。できないことを知っている理性の狭間で快感に溺れさせられ…
こんなに苦しくて惨めで、恥辱に濡れさせられた時間はなかっただろう。

わたしは欲しいとは言わなかった。
sinさまは欲しいんだろ?なんて野暮な言葉で、牝を萎えさせるような男じゃなかった。

延々と愛撫は続く…それはもう永遠に…。

何を思って、喘ぎ苦しむご自分の牝を見おろしたのだろう?
ご自分もとてもとても興奮してらしたことだけはわかった。

そうまでして、挿入できない一点を利用して、牝を嬲り狂わせる。
鬼だ。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

 2017_08_29


Comments

こんばんは★ 

会えない時も大切な人の存在を感じられたり、思える事って幸せですよね
(〃▽〃)

楽しい秋を過ごしてください。

いつも、ブログの更新を楽しみにしています!
*kumi*  URL   2017-09-03 22:15  

Re: こんばんは★ 

*kumi*さん
コメントありがとうございます(๑>◡<๑)
久しぶり過ぎるコメントにあたふたしてしまいましたが、とても嬉しいです♪

そうですね^^
今は当たり前みたいに、いつも男の存在を感じていますが、以前はもっと物質的なことにとらわれていたようにも思います(大汗)

変化しながら、良い方向へ向かってこれたかな*^^*

なかなか更新しないブログですが、男との最後を迎えるまで続けると宣言したので、ゆっくりマイペースに更新していきます。
これからもよろしくお願いします(*´꒳`*)
mine  URL   2017-09-05 20:36  

 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

mineのこと

mine

Author:mine
嗜虐にその変態性欲を満たす男と、その男に飼われ被虐の快感に陶酔する女のお気楽な記録♪

パスご希望の方はこちら

mineにご用の方もこちら→のメールフォームから、メールくださいね^^b

Please love.

毎日、花の色が変わります

d(^w^)clickシテネ♪

Counter

GOmobile

QR

ブロとも申請フォーム




.