FC2ブログ


付加価値的 信頼。

Category: ふたりのこと。  

sinさまと知り合って10年目の11月。
(さらりsinさまのお名前を活字にしただけで、欲情してしまう。sinさまとわたしはそんな関係だ。)

sinさまとわたしの間で、感情の縺れからさよならする。そんな選択肢はなくなった。
ある日突然連絡が途絶えて、それが一生続く。
そして一生想いつづける。苦しいさよなら。それだけだ。

-----

2〜3足靴を置かれればいっぱいになってしまうような、狭くて薄暗いモルタル打ちの玄関先に毛布一枚だけ与えられ、首輪を嵌められ鎖に繋がれて飼われる。
纏うことを許されるのは首輪と己を傷つけないための口枷だけ、自由を鎖に奪われて隠れる場所もない玄関に訪れる者の好奇と蔑みの視線をあびせられる。

わたしを飼う男の慰みにもされず、男の女の性処理に使われる。
大型犬と契らされ、犬に服従させられ、わたしの性器を使うことは獣姦とみなされる。
延々と続く凌辱。


わたしの根底にある願望。
そして、言葉のないsinさまの欲望をわたしは知らない。
sinさまは、わたしのことを「ただの牝。」と、おっしゃった。
知っているのは、それだけだ。

あ、そして名前のないわたしに、己のモノ「mine」と、名付けられた。
だからわたしは、そのときから「sinさまの牝。」なのだ。

こんな関係に「信頼」は必要なかった。
お互いがお互いの欲望を満たすだけのために、知り合ったふたりだったから。

奈落に堕ちたかったオンナと、女の性の尊厳を踏み躙りたい男。

男は現実的で、女は夢見がちだ。

ただただ、お互いの欲望だけを紡いで関係を密にしてきた。
気づけば好きになっていた。
好きな男に陵辱される。


堪らない。   快感。


好きという感情に振りまわされるオンナと、冷静に距離をとる男の10年。

最初の数年は、男の無情を泣いて詰って責めた。
逃げたいと、何度も手放してほしいと懇願しては、思い切れなくて自分から棄てないで!と、その足許に縋った日々。
悔しくて惨めで、唇を噛んでまた泣いた。

幾度も迎えた転機。
そして、恥ずかしながらsinさまとわたしの間に、信頼が生まれていた。
関係性は変わらない。
でも、冒頭に書いたように「心のすれ違いや縺れによるさよなら。」は、もうない。と、いう信頼。

この男がいるから、生きていける。
この男に恥じない日常を送りたい。
人間の尊厳を踏み躙ることに、ちんぽを逸らせる男なんてロクなもんじゃない。
もちろんそうされたくて、子宮を疼かせるオンナも…。

でも、こんな関係でも、一緒に過ごしかた次第で、気づいたら信頼が生まれてた〜(驚)なんてことがあるんだよ?

10年目のふたりのこと。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

 2017_11_01


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

mineのこと

mine

Author:mine
嗜虐にその変態性欲を満たす男と、その男に飼われ被虐の快感に陶酔する女のお気楽な記録♪

パスご希望の方はこちら

mineにご用の方もこちら→のメールフォームから、メールくださいね^^b

Please love.

毎日、花の色が変わります

d(^w^)clickシテネ♪

Counter

GOmobile

QR

ブロとも申請フォーム




.