FC2ブログ


こころの ちから。

Category: わたしの想い。  

「コウノ ドリ」7話を観ていて、あかちゃんが産めなくなる。ことに対して、病気でなくてもいつかあかちゃんを授かることができなくなる現実に胸を痛めた。

わたしの小さかったあかちゃんも、今では親離れをはじめた…しっとりした頬や柔らかい肌を、きゅっと抱っこすることがもうできないのだ。と、痛感するほど辛く、またあかちゃんが欲しいとさえ思ってしまう。

さすがに年齢的に無理。
この現実が、とても遣る瀬なく 辛い。

sinさまのあかちゃんを産みたかった。
これまでは、ずっと「産みたい。」と、思っていたのだ。
それが現実的にもう無理で、気持ちも「産みたかった。」に変化している。
こころにぎゅっと深い爪を立てられるような感じ。

産み「たい」。そう思うのは、わたしの勝手な気持ちだからだ。
sinさまがどうお考えなのか?は知らない。

わたしがsinさまのあかちゃんを産みたいのは、好きな男だから。だけではない。
この男の遺伝子をわたしが残したい!そう強く強く考えたからだった。

子宮をもつ女の業なのかもしれない。

だからわたしはいつもいつも、己の空っぽの子宮にsinさまの生の源が欲しくて欲しくて仕方ない。
身悶えしながら、淫らにザーメンを欲するのだ。獣の咆哮は牝の業のそれなのだろう。

この男の子どもを産みたかった。
それが背徳と知っていても、わたしが育てられなかったとしても、わたしの家庭が壊れてしまったとしても。

しかし それはただの後悔だ。
sinさまのあかちゃんを産みたい!と、思っていたころは、決して背徳をおかすことや家庭崩壊してもいいなどとは考えていなかった。

産めなくなったから後悔できるのだ。
(でも、この後悔の果てしない虚無感を、たとえることはできない。)

あぁ…でもいくつかのとても危険だった日に、ご自分の牝の活きた子宮に、sinさまが激しく興奮され射精されたときの、わたしのこころに渦巻いた不安と、それ以上の至福を今も鮮明に思い出すことができる。

そして体の変化を受け容れるとともに、こころに年齢はないのだと感じるようになった。
よく、精神年齢という言葉を耳にするが、こころは自由なのだ。と、いうことなのだろう。

sinさまを想うこころは、sinさまに焦がれたはじめたあのころと 今も同じ。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

 2017_11_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

mineのこと

mine

Author:mine
嗜虐にその変態性欲を満たす男と、その男に飼われ被虐の快感に陶酔する女のお気楽な記録♪

パスご希望の方はこちら

mineにご用の方もこちら→のメールフォームから、メールくださいね^^b

Please love.

毎日、花の色が変わります

d(^w^)clickシテネ♪

Counter

GOmobile

QR

ブロとも申請フォーム




.