FC2ブログ


1月某日の心模様。

Category: ふたりのこと。  

1月のおわりころ、体調を回復されてから、sinさまにしては、信じがたいほどの、ご自分の欲求を綴られたメールが続いた。
メールが嬉々として興奮しているのがわかる。

どうなさったのだろうか?と、思う反面、それはきっとわたしが、sinさまの欲望を射ちこもうと思える存在になれたのだ。と心の辺境で小さく感じた。

これまでのsinさまは、わたしが欲望を表し求めることで、ご自分がその快楽を与える躾を成されてきた。

それがこのメールでは、ご自分の牝に与えたい仕打ち。そしてそこから得る興奮と快感を、また牝に射ちこみ、善がり狂わせる。そのための道具を揃えている。と、ある。

それは背骨を伝わり牝の芯をうねらせ、同時にうなじの和毛を震わせて天辺に抜けるような快感になった。

夢か?現か?いや、夢じゃない。現実だ。
sinさまがその嗜虐の欲望を、ご自分の牝で晴らそうとなさっている。

求めても叶えられないと、それでも諦めきれず、ずっとずっと願い続けていたこと。
嬉しい?しあわせ?
ただ、sinさまの永い躾に応えられていたのだと覚り…それが牝の悦びだと実感したのだった。
1月のとある日のこと。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

 2018_03_03


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

mineのこと

mine

Author:mine
嗜虐にその変態性欲を満たす男と、その男に飼われ被虐の快感に陶酔する女のお気楽な記録♪

パスご希望の方はこちら

mineにご用の方もこちら→のメールフォームから、メールくださいね^^b

Please love.

毎日、花の色が変わります

d(^w^)clickシテネ♪

Counter

GOmobile

QR

ブロとも申請フォーム




.