FC2ブログ

欲情

39度近い発熱。
大人は高熱に弱い…寝込んでしまった。

あまりの高熱にスマホを持つこともできない。
ご主人さまにメールできない。
薄れる記憶に寂しさが紛れている。

どうして発熱すると、それが欲情になるのだろう。

吐く息が気持ち悪いくらい熱い。
霞がかかったような視界に子どものような心細さ。

温かな人肌に触れたくて…己との体温差を感じたくて…。

苦しい…節々がぎりぎりと軋み躰に力が入らない。
掛けている布団に拘束されているような圧迫感。

ああ…躰中が熱く熟れている。
自然と尻をくねらせ両手で鷲掴みにして喘ぐ。
淫らな指先を尻から腰へと這わせ、躰のなかで最も熱をおびている腹の下へ伸ばす。

牝のいやらしい穴から垂れ流される淫汁が、火口のように蒸気した熱と絡まって指先にまとわりつく。
朦朧とした意識のなかでただただ快感を得たくて、汗を滴らせ子宮をうねらす。

気持ちイイ
気持ちイイ

興奮のあまりご主人さまを呼ぶ。
己の掠れた淫らな声音に背骨を震わせ昇天した。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ