FC2ブログ

いつの間にか

ご主人さまから解放され促されて、おまんこに絡みつくそり落とされたいやらしい毛をシャワーで流すためにバスルームへ行った。

細かい毛が排水溝に消えていく。
きれいに流して、ベッドへ戻った。

戻った・・・ら?!
ご主人さまはベッドに横になられていた。

あーっ!!!
この展開・・・あうあう。
そう、ご主人さまはきれいになったおまんこを見せるようにおっしゃった。
あうあう・・・あうあう・・・

ご主人さまに跨がり、恥ずかしい毛を剃り落とされたおまんこの隅々から・・・尻の穴までひらいて見せた指が恥辱に震える。

最近はもっぱらこのパターンだ(ノ_・)

最初はご主人さまに弄ばれ恥辱に震えていても、次第にご主人さまの舌に興奮させられ、尻を振り腰をくねらせその顔面にいやらしく濡れそぼるおまんこを押しつけて乱れた。

気持ちよくて病みつきになる・・・

羞恥に身悶えしてご主人さまのお顔に跨がって乱れさせられる。
ご主人さまには抗いたくても抗えない。

顔面騎乗も、シックスナインも、ご主人さまに抗えない欲望だった。

それが・・・それが・・・このそのものの快感がわたしの願望になろうとしている。
もし、次に躾けられるとき、ご主人さまの顔面で乱れる羞恥の快感を得られる機会を与えられなかったら?
その次も・・・その次も・・・

あぁ・・・わたしは欲望の権化になってご主人さまに堕ちていく・・・
怖い。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ