FC2ブログ

オナニー狂い

最近のわたしは何かというとオナニーに狂っている。

ご主人さまの感触を得られなければイくことができなかった、あのもどかしいほどの焦燥感のなかでご主人さまを叫び乞うたオナニーとは大違いだ。

実質3ヶ月以上満たされる躾を受けられなかった。
わたしはご主人さまへの想い(忠誠?)だけで乱れられるようには躾けられていない。
あのさらりとした肌をわたしの淫らな汗で濡らし、熱い舌から滴る涎が隆起を伝い貪る。
乳房は張り乳首は四角く勃起してぶるぶると震えている。
堪らず己の指で捻りあげ喘ぎ、どばどばと牝のいやらしい穴から淫汁が内腿に垂れ流される。

ご主人さまがわたしの耳元で、淫乱な牝を辱め蔑みの言葉を吐かれる。
わたしは背骨を震わせ腰をくねらせて、ご主人さまの腹に…腿に…どろどろに興奮してひくつく穴を擦りつけばかみたいに尻を振り、いやらしい己に陶酔する。

男の体でオナニーする。
しかも、そう命令されるのではなく、オナニーでイきたくてイきたくて、ご主人さまの美しい手に弄ばれ、理性が恥辱の快感に崩されていくのを抗えない。

ご主人さまのちんぽに素股してびしょびしょの穴にぬめらせ、充血しちんぽを欲しがる内臓を焦らして昇り詰める。

セックスとオナニーは違う。あぁ・・・実感してしまう瞬間。
唇の端を舌で舐めるように涎を垂らし気持ちいい気持ちいい・・・白痴みたいに繰り返す。

こんなオナニーを躾けられて、それまでのような妄想でイくオナニーなんて気持ちいいはずないよ。

しかし・・・3ヶ月。
3ヶ月も干されたら忘れるって(笑)
わたしはある日突然、当たり前のように妄想でオナニーしてイってしまった。
あのイけなくてもどかしい焦燥感は微塵もない。

気持ちいい。

でも、それはご主人さまから得られる快感を忘れかけると同時に、ご主人さまへの想いが薄れていくということだと気づいた。
そこにまた焦りが。

これはご主人さまの罠か?

3月ご主人さまにお逢いして躾けられ、またあの恥辱の甘美なオナニーに没頭してしまった(恥)
そして、今はあの羞恥心と自尊心が脳髄を灼く恥辱の快感を欲しくて、ご主人さまでオナニーしたくて、あの快感を思い出して勃起した乳首をひと捻りするだけで、濡れた下着をいやらしい穴から剥がすだけで、わたしは背骨を震わせイってしまう。

オナニーしたくてオナニーしたくて堪らない。

4月。
お逢いできそうで嬉しい。
わたしの内裏で牝の業が舌舐めずりをする。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ