FC2ブログ

焦燥感

sinさまは、希に躾ができる日を複数日お知らせくださるときがある。

こういうとき、わたしはつい期待してしまう。
もしかしたら、この何日かのうち2回くらいお逢いできるのかな?

はは。
これまで、そんなことは1度もなかった。
候補日は候補日なのだから、躾の日が決まれば、その月はその日が躾の日で、次は来月以降…しかもいつ逢えるかはわからない。

それなのに、わたしは毎回毎回期待してしまうのだ。
この件に関しては、学習能力皆無と言えるだろう(汗)

もう3ヶ月お逢いしていない。
sinさまはお忙しくお疲れも相当なものだろうと、容易に想像がつく。

候補日が何日あってもお逢いできるのは1日だけで数時間。
そして次がいつになるのか?わからないのは、精神的にとても辛くて焦燥感が増す。

逢っただけで、顔を見ただけで満たされる。
わたしはそんな躾は受けていない。
いつでも貪欲にsinさまの全部を欲しがる淫らな牝に躾られているのだ!

sinさまから快楽を貪り、ザーメンを1滴残らず吸い尽くす。

しかし…sinさまはお疲れが抜けないとき、割愛される行為があるのだ(涙)

それは普通のセックス。
睦み合うような愛撫。

もちろん普通のセックスをそれだけでするわけではない。
加虐のなかでふわっと行われる行為なのだ。

だからこそ堪らなく甘く快感の喘ぎさえ柔らかい。

この行為はきっとsinさまのなかでは気紛れなオプション的なものなのかもしれない。
でもわたしにとっては、気持ちよい愛撫に陶酔しては厳しい責めに悲鳴をあげるという被虐の快感に緩急をつけられる行為なのだ。

時折sinさまは、この柔らかい砂糖菓子のような快感をくださらない。

これが、次の躾が10日後とか、2~3週間後なのなら、そう「次があるから、楽しみにしよう♪」って思えるのだけれど、次がいつになるかわからないわたしは、この1回の躾で欲しいものを全部!全部!貪り狂いたくて、このsinさまが割愛されがちの快感まで得られてはじめて満足の喘ぎを吐けるのだ。

きっと、sinさまが割愛されるからこそ欲しくて欲しくて身悶えして乞うてしまうのかもしれない。

7月に、逢えるつもりでいますよ。と、メールをいただいた。
でも、今は、8月…しかももう半分が過ぎてしまった。

3ヶ月のインターバル(笑)

わたしはたくさんの期待に押し潰されそうになりながら、その日を待っている。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ