FC2ブログ

ひとりじゃない夜。

慢性的な寝不足なんて経験したこともないわたしが、仕事が忙しくて、ここ数ヶ月ずっと寝不足だった。

昨夜から家に独り留守番のわたし。
iPhoneをゲットして、早くsinさまとのメールを再開したくて、基本的な設定だけでも済ませたかったのだけれど、どうも怠くていかんせん。
キャリアのメールだけ設定して、そのまま寝てしまった。

朝、起きられない。
身体中がだるくて痛くて、内臓が絞られるみたいな感じ。
風邪の症状はない。

まさか発熱してるなんて気づかなくて、相当疲れてるな⁉︎と、思いながら朝ごはんを食べてiPhoneにフィルムを貼ってカバーをつけたのだった。

sinさまにメールをして、横になりたくて熱を測ったら38.6度もあった{{(*_*)}}
熱に弱いわたしは、その瞬間に身体中に冷えピタを貼って寝こんでしまっのである⁈

sinさまから、iPhoneの設定は済みましたか?とメールが届く。
わたしは設定も何も発熱してしまって寝こんでます。と、お返事をした。

かかりつけの内科は土曜日17時まで、15時ころ意を決してベッドから這いずり出すと、無謀にもバイクで医者まで行ったのだった。

熱が高いことから、インフルエンザの検査をして陰性にホッとした。
風邪の症状がないので、抗生物質と炎症止めを処方してもらってふらふらになりながら、帰ったのだった。
しかし、ピルに影響を及ぼす抗生物質もあるため、その辺は抜かりなく確認したのだった^^;

帰ったら即行で薬を飲んで、ベッドに倒れこんだ。
熱が高いとぐっすり眠れない。
身体中痛くて怠くて、うなされる。
それでもいつの間にか深く眠っていたようで、18時ころ目が覚めたときには、熱は37.8度と38度を切っていた。

夕飯には、病人食定番のうどんを食べて、sinさまからのメールを受信する。

体調はどうかな?ゆっくり休みなさいね。
と、気遣ってくださった。

本当に言葉も語彙も少ないsinさまだけれど、だからこそ温かさを感じる。
わたしはsinさまの温かさを抱いて眠ったのだった。

中途半端な時間に薬を飲んだので、夜中に起きなくてはならなかった。
起きて水分補給して薬を飲んだら、傍でiPhoneがメールを受信した。

sinさまだった。
具合はどうですか?

これまでのsinさまなら、きっとこんなメールは寄越さなかったと思う。
高い熱を出して寝ているのだから、そっとしておこう。
そういう一歩引いた気遣いをされる方だ。

わたしはずっと想いは伝えないと伝わりません。
と、訴え続けてきた。
少なくともわたしはそうだと、だからわたしには伝えて欲しい。と…。

このとき、わたしがどんなに驚いて、そしてどんなに嬉しかったか⁉︎
わたし達は、本当に少しずつ…少しずつ近づいて心を触れあわせている。

そんな実感を得たひとりぽっちじゃない夜。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

距離の詰め方

距離の詰め方なんていうとちょっと味気ないかと思うけど、関係の構築の速度や形は人によって違うのですよね。
そのイメージが『詰め方』だったのだけど^^;
お二人にとってこの速度が適切だったのかなって感じました。
ここまでのそれなりに葛藤や紆余曲折あって大変(?)だったかもしれないけど、これも必然なのかと^^

結果的にお互いの幸福を思い合っている人たちはたとえゆっくりでもしあわせそうです^^

あ、いまさらだけど、お体お大事に^^

  • 2014/09/24 (Wed) 14:10
  • りん子 #C/VgCf6Q
  • URL
  • 編集
Re: 距離の詰め方

りん子さん
コメントありがとうございます^^

きっとわたしのブログと長い(?)お付き合いをしてくれているりん子さんは、このわたし達の変化に
「おお〜!」と、感じてもらえているのではないか?と思っています。

わたし達は今、主従って言う上下の枠を越えて、わたしはsinさまをを敬いsinさまはわたしを尊重する。
そしてお互いの肉欲を満たしあう。
そんないやらしくて想いあう関係にシフトしたかな?と感じています。

不器用なわたし達だからこんなに時間がかかちゃったのかも?
きっと、不器用なのはsinさまだけじゃないよね?(苦笑)

  • 2014/09/24 (Wed) 16:49
  • mine #-
  • URL
  • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ