FC2ブログ

わたしの内裏の性衝動。

さて、どこから書こうかな?何からどんな順番で書けば、わたしの性癖とsinさまとの繋がりをうまく表現できるだろう?

せっかくブログで発信するのだから、読んでくれる方にも少しは想像に容易く書きたいと思うと、さて。となかなか始められなかったのですが、ある方向から良い波がきたので乗っちゃおうと思います。

やはり最初はわたしの性癖についてエントリーしよう。うん。それがいい。

わたしは視覚的な情報で自分のセックスへの欲求を知ることはなかった。
簡単に言うと、雑誌やテレビで被虐を連想する女性が虐められている場面を見て、己の欲求を知ることはなかったのだ。

わたしにはそういう性への興味を示した、はじめの一歩的明確な記憶はない。
はじめてのオナニーも、大人になってあれはオナニーだったのだ。と思い返すようにあるいみ本能の赴くままに性に目覚めていったのだと思う。

以前ブログにも書いたけれど、人や行為に対する欲情は薄い。
多分、己が生まれもった歪んだ業のようなものがあるのだろうと思う。

それは・・・

雨や雪…自然の結晶が、この世界の埃や泥で汚されるのを見ると・・・街の一角の見放され忘れ去られた廃屋の丸裸にされ辱められたような静まり返った窓枠の向こう、埃っぽい黒ずんだ畳に・・・わたしの心はざわざわと粟立つ。
ぼろりぼろりと朽ちていく形骸…穢され晒される…生。

雨が降ると…雪がちらつくと…わたしはなぜか肩口を震わせ和毛を逆立たせた。

または・・・

わたしの欲望の深淵で…なにかが蠢いている。
幼いころ…ごみ焼き場で見た黒犬の屍骸…。
焼かれることも土をかけられその形骸を隠されることもなく…日に日に朽ちていく。
黒い毛が抜け落ち肌が死肉にかわり腐臭が空に散るころには恐ろしい骸骨がぽっかりと犬の目玉を晒していた。

わたしは怖くて怖くてその通学路を通ることができないと思いながら…どうしてもそこで歩をとめずにはいられなかった…。
小さな女の子の下腹は…なにか言葉にすることができない逼迫した塊に疼いていたのだ。

こんな風に破滅的なものにわたしの子宮は激しく戦慄いた。
でも、これは自分を破滅させたいという苦痛系の被虐ではなく、SM行為とはかけ離れた感覚である。
そこにある壮絶さに魅入られわたしの躰の中心である子宮が疼き、激しい衝動が生まれる。

己の躰を掻きむしり尻を腰を乳房を這う手のひらが、尻を鷲掴みにし乳房を揉みしだき腰をくねらせ、子宮から生まれでる衝動が牝の咆哮になる。

これは性的な欲望だと・・・そう自覚したのはsinさまに飼われるようになってからだ。
でも、sinさまがその欲望を教えてくれたのではない。
sinさまの気まぐれなわたしを露出にいざなう言葉が、わたしに己の性的欲望を刻みこんだのだ。

こんな風にわたしの性的な衝動は、一見セックスとは程遠いものだった。

話を切り替えるため、続きます。あと2回くらいかな?わたしの内裏の暴露にお付き合いください^^;

■関連エントリー■
「脳内自慰」
「蠢くものども」
「雪の露地で…」
「猫たち」
「まる裸」
わたしの欲情の原点?みたいなエントリーを連ねてみました^^;;


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ