FC2ブログ

単独の快感。

衝動


これは、いつ頃の写真かな?
多分、一番最後に全裸で男子トイレに立ったときに撮った写真だ。

女性にとって男子トイレって未知の空間だよね?
って言うか?知ってはならない禁断の場所?

この空間はわたしを拒絶するくせに、禁断の果実を欲しがり誘惑する蛇に魅入られたかの如く、わたしはこの女性にとって独特の空間に罪悪感を伴わされながらも呼び寄せられた。

ひんやりと薄汚れたタイルに素足を堕とすと、途端にわたしの心臓はばくばくと昂鳴りこめかみはずきずきと脈打った。眼球には脂汗。

いつ?誰が不意にそのドアをあけて、入って来るかもわからない。
この場所を考えれば、それは男でしかあり得なくて・・・こんな場所で全裸で善がっている女と鉢合わせしたら?
AVみたいに男の本性を丸出しにして犯す。なんてことは現実的にはあり得ないだろう。
「すみません!」って、お互いが焦ってその場を離れるのが関の山だ。

なんて恥ずべき瞬間。
このときわたしはただの変質者だ。

わたしは露出することで、性的興奮を覚える変態性欲者だ。
しかも、その興奮は緊張と驚怖が混ざりあってわたしの脳髄を刺激する場所でより激しく子宮をうねらせるのだ。

それを気づかせたのはsinさま。
当然と言えば当然なのだけれど、この男の趣向は少し変わっていた。
sinさまは、主従の主ではあるけれど、わたしに命令されたり課題を出されることはない。
わたしが求めることにも、ご自分のお考えを示されることもなかった。
ただ、わたしの情欲を明るみに出し鼻先の押しつけ解放へいざなう。それがsinさまのやり方だった。

最初露出には激しい嫌悪感を覚えた。
しかし、露出の話を出したのは、きっとわたしだろう。
冷静に考えれば、自分がしたくないことを、自分をいやらしく躾ける目的で飼っている男に言葉にするはずなどない。
わたしは屋外露出に無意識に己の子宮を疼かせていたのだ。

肌を露わにする快感。
なんていうことない、いつもの街角で往来の誰かの視線を強く感じながら乳房を露出しようと思うと、途端にいつもの歩道の脇が張り詰めた空間に変貌する。

本当に誰かにこの瞬間を目撃されていたら?こんなことをして良いの?!欲望が激しい罪悪感に取って代わる。
わたしはその場を逃げるように背中を丸め小走りで走り去る。
「どうしよう?!」「どうしよう?!」理性が狂ったようにわたしを責め立て追い詰める。
もうこんなことはしない!って誓う。

でも・・・わたしは誰の目にも触れない場所まで逃げこむと、己の驚怖と不安のなかで興奮し波打つ内臓から垂れ流され内腿をぬめらせる欲情に抗えずオナニーしてしまうのである。

この背徳の罪を一緒に背負う共犯者も、また震えながら己の欲求を解放してくれる心強いパートナーもいない。
わたしはたった独りだった。
そしてこの独りの露出行為がもたらす緊張と驚怖にわたしは欲情していたのだ。

まる裸で肌に外気を感じ和毛をぴりぴりと緊張させる。
躰の内側から言い様のない衝動が膨れあがり、子宮が震え収縮し淫汁を内腿に溢れさせながら「イきたい」「イかせて」と、全身の和毛を戦慄かせながら脳髄にせがむ。

この単独露出行為が、「わたしの内裏の性衝動。」に書いたわたしの生来の性癖にリンクして、儚い自然の終焉や見捨てられ朽ち果てる廃屋に、白くまるい乳房を押しつけ醜く潰れさせ、内臓をびくびく震えさせ敏感になった下腹をばかみたいに腰を振りそこここに擦りつけて、牝の咆哮をあげる。

だって・・・気持ちイイ・・・。
誰かに見られているかもしれないという緊張と驚怖は、とてつもない興奮と快感でわたしの脳髄をぎゅっと鷲掴みにしてどくどくと子宮を通して解放させるのだ。

この脳髄に激しい興奮を呼び起こす快感は、わたしをとろけさせ理性や道徳心を麻痺させて、牝の本能が快楽の蜜を貪りオナニーに狂わせた。

こんな場所で?


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ