FC2ブログ

フェラチオでお目覚め? そのあとのお話。

きっと、sinさまはあれをわたしがファラチオで自分を起こそうとしていたという認識はなかっただろうと思う。

いつものようにわたしが欲情してsinさまのうえで乱れていたとお考えだっただろう(汗)

わたしはsinさまにあのとき自分が何をしようとしていたのか?を告白した。
そして「でも、どうしてか?あんな状態になってしまって、意味がありませんでしたね?」と、落胆を見せた。

すると、sinさまは可笑しそうに目をしばたかせて「いや、すでに起きていたから。」とおっしゃるではないか?!

いやーん(* ハ)
それってわたしがベッドから出て戻ってから、何をするのかな〜?ってわたしの思うようにさせていたってこと?!
恥ずかし過ぎる!

意地悪。
でも・・・そういうところも好き(*ノノ)キャ

わたしがsinさまをフェラチオで起こして差しあげたい話をさせていただくと、「そうだね。フェラチオで眠りから覚めるのはとても気持ちよさそうだね。経験してみたいな。」とお返事されるじゃないか?!

そうですよね!とてもとても気持ちよいです!
わたしはいつもsinさまに快感を伴って起こされているので、よく!よっく!わかります!

これはもう!フェラチオで起こして差しあげたい!ってわたしの熱望が更に弥増した!
実際、こんな風にご自分の気持ちを言葉にしてくださることがないsinさまなので、わたしの胸はきゅ〜っと締めつけられて高鳴った。

そうか〜?だよね?
だって、sinさまの眠りはとても浅い!一晩一緒に過ごすならまだしも、お昼寝程度でsinさまよりも早く目を覚ますことは不可能だろう!
それはもう眠ってなどいられないことを意味する!
しかもあっさり目を覚ましてしまうsinさまなので、腕枕の相手がもそもそした瞬間に目が覚めてしまうじゃないか?!

だからきっと、これまでの牝さん達も、sinさまをフェラチオで目覚めさせることができなかったのだろうな?と思った。
(ってか、こうして欲しい。って言わない男だから、相当やらしくなきゃ自発的にこんなことできないよね^^;;;)

待っててくださいね!sinさま!わたしがいつかきっと、ちんぽに言い様のない快感を得ながら眠りから引き戻してさしあげますからね〜! ウレシ **(/▽/)**ハズカシ


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ