FC2ブログ

初日の出妄想w

あけましておめでとうございます^^
昨日が今日になっただけのこの日が厳かなのは、やはり新しい年に馳せる想いがあるからなのでしょうね?

-----

わたしの2015年はとても穏やかに明けた。
これまで、年が明けたばかりの電波のつながりにくい環境で必死になって、sinさまを求めた幼いわたしは今年はもういない。

sinさまのお正月は毎年親戚へ挨拶にまわられるので大変お忙しく、元旦にメールを戴くのは日が高くなってからか?沈んでしまうことが多かった。
今年は眠るわたしの枕元でiPhoneが一瞬間瞬き眠るわたしを目覚めさせた。
sinさまからのメールだと直感する。
果たしてそれはsinさまからの新年のご挨拶のメールだった(嬉々)
1時56分
わたしも即お返事をした。
sinさまとご一緒の1年にしたいです。
たのしみです*^^*


年が明けて親戚へ挨拶まわりなんてsinさまの律儀なお人柄がみえる。
sinさまの年齢を考えると、お節介な叔父や叔母がうるさいのだろうなぁ?

「早く結婚して親を安心させてあげなさい。」
もしくは
「早く子どもをつくって親を安心させてあげなさい。」
なんて、言われているんだろうなぁ。

そんな想像をして、苦笑いながらくすっと笑ってしまう。
きっとsinさまは大きなアクションはなさらずに、静かに上手にその話を回避させていらっしゃるんだろうなぁ。

今年の年明けはとても寒い!
わたしの住む街も朝から雪が降り出した。
sinさまはきっとお車でお出かけだろうと思うので、雪道をちょっぴり心配する。

今年もsinさまの美しい手に虐められて、冷えた眼に翻弄されて、いやらしい牝の欲望を暴き出され、わたしは被虐の快感に身悶えして、いやらしい穴全部から淫汁を垂らして、もっともっと気持ちよくなりたいって、sinさまの足許にひれ伏し快感の源であるちんぽを乞うのだろう。
腰をくねらせばかみたいに尻を振り…sinさまに馬乗りになってロデオさながらに暴れさせられながら、己の乳房を揉みしだき淫らな指を躰のラインに這わせ、sinさまの手がわたしを交差し乳首を捻りあげ尻を鷲掴みにしたかと思うと激しく打たれ、牝の咆哮をあげるその赤い唇の端からはいやらしい涎を垂れ流す・・・。

新しい年の朝から淫らを逸らせsinさまを欲しがって妄想に堕ちる。
今年はどんな風に虐められるのかな?
きっともっと牝の業を解放させお愉しみくださるのだろう。

早く早くsinさまにお逢いしたい。

sinさまの新年のメールには「今年もゆっくり過ごしましょう。」とあった。
sinさまはいつもいつもわたしの挫けそうな気持ちを、その温かさで励まし奮い立たせてくださる。
わたしの心にはいつもsinさまの存在があって、わたしはどんなときも癒される。
今年もゆっくりふたりの時間を深めていこう。

sinさまはわたしの悦びだから。

-----

新しい年も早々にわたしのブログにアクセスしてくださったあなた。
ありがとうございます^^♪
そんな稀有なあなたの2015年のご多幸をお祈り申し上げます。

えへ♪今年もよろしく~(^▽^)/

mine


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ