FC2ブログ

めぐる月日のなかでw

sinさまに飼われるようになってから、随分たつ。
わたしの生活環境もこの間に激変したし、sinさまへのメールも痴態を晒してご報告するメールから、普段着のような日常に散らばったたくさんの出来事や、わたしの楽しかったこと嬉しかったこと面白かったことを、そんな画像を添付してメールするようになった。

わたしからしたらsinさまの生活環境に変化など感じることはなかった。
いつもどんなときも、毎日1通のメールをくださることや、そのひと言に尽きる内容をずっと続けてくださっているから。

ただ・・・わたしのメールにお返事をくださる回数はあるときから激減していた。
それは、わたしがいやらしい痴態を画像や動画に撮って、日に何十通もお送りするのをやめた頃からだった。

だからわたしはずっとsinさまが、わたしをただの快楽を得るための道具だと考えていらっしゃるのだろう。と、考えるようになっていた。
わたしがいやらしいメールをお送りしないから、sinさまも日に何通もお返事くださっていたのが、最低1通のメールになってしまったのだ。
ご自分のちんぽを震わせるためだけの存在なのに、そのように使ってもくださらない。
わたしが拗ねるに充分な仕打ちだった。
(それはそれで悲哀の快感にどっぷり浸った時期でもあったのだけれど(汗))

sinさまの物事に頓着されない性質は特筆すべきほどで、それは昨年3ヶ月も逢えなかったことを「そうでしたか?」なんてケロっとお答えになるところにも充分表れているε('∞'*)フゥー

2年前にわたしの仕事環境が変わって、とても忙しくなったことで、メールもままならなくなってしまったお話をしたときも、この頓着しない性格が爆裂したのだった。

(私は)そんなに(ふたりの遣り取りが)変わったとは感じていないよ。」と、sinさま

Σ(・ω・ノ)ノ!マ、マジ...?

だって、だって、一時期は日に往復100通を超えるメールの遣り取りをしていたんだよ!?
それが!今は日に数通の遣り取りだよ!それどころか往復1通とか普通なんだよ!
このメールの激減に変化なし?って?!この時ばかりは我が耳を疑った?!

あぁ(涙)わたしはあの頃の幼いわたしを抱き包むようにsinさまに向かい合った。
だって、仕事が変わってから、日中はほとんどメールできなくなりましたよ。

会社のビルの電波状況が劣悪で、ビル内にいるときはメールを打っても送信できないことが多くて、忙しいのも手伝って勤務に入る前か?後になんとかメールするようになり、日中のメールは諦めてしまっているのが現状だ。

sinさまはそれもお分かりになったうえで「仕事中にメールを確認する時間がなくなったから。」と、お仕事上やお立場が変わられたことから、もう随分前から仕事中はスマホを触る機会がなくなっていたことをお聞かせくださった。

(*゚パ)ハッ!

それってもしかしてわたしがsinさまに、淫らな牝をお愉しみいただくご報告メールをやめたのと、偶然時期が重なっただけだったってこと?

確かにお愉しみのご報告メールをお送りしなくなってから久しくしてのち、わたしの職場環境が変わったのだ。
だからsinさまにとっては、大きな変化を感じることがなかった。って顛末だヾ('o'ヾ('o'ヾ('o';)ォィォィォィ

あんなに煩悶させられて、sinさまにとってのわたしという存在がわからなくて泣いた長い年月を・・・一体全体どうしてくれるのよー?!
この頓着しない性質ったら、本当に本当に憎たらしい!!!モォヽ(*´〜)ノオテアゲー!!

確かに・・・今の1日1往復するだけのメールは、あの頃のような100通の遣り取りでも足りないくらいsinさまのメールを欲し、メールを戴いても戴いても満たされなくて足掻いた餓鬼的な精神状態のわたしではない。

何がこんなにわたしを満たすのか?今はわからない。
でも、きっとこれまでもそうだったように、環境が変わってもその姿勢は変わらないsinさまが、いつかきっとわたしに教えてくださるのだろう。
このしあわせの源は何か。って・・・。

そうだよね?
長く一緒にいれば、わたしだけでなくsinさまの生活環境も変わるのだよね?
寡黙な男ゆえの盲点だったな^^;;;


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ