FC2ブログ

みくびれない椅子。

いつも夜にお逢いするときにつかうホテルが、年末年始のフリータイムが休憩3時間に期間的に変更になっていた!?(゚゚;)マジ!?

今年最後のお時間だしこの日はシャンパンも用意していたので、3時間では短すぎる!!!

これまで年末にお逢いしたことがなかったので、思いもよらなかった事態に、sinさまはさくっと他のホテルへ行きましょう。と踵を返された。
でも、きっとこの時期どこもそうなんじゃないですか?と、後ろ向き発言をしながらsinさまを追いかけるわたし。
いつも昼に利用するホテルに行ってみると、普段通りのフリータイム制だった。
どうやら、あの1角に集中しているホテルが休憩3時間制を年末年始に導入しているらしい。
同じホテル街にあっても少し離れていると違うんだな。

お部屋はふたつしか空いていなくて、しかもお安いお部屋しか残ってなかった。
いつもはタイミングが遅れるとお高いお部屋しか空いてないのに、やはりこの時期みなさん奮発なさるのね?(*ノェノ)キャー

このホテルのお安いお部屋はソファではなくて、4本足の椅子なんだよね。
sinさまにゆったりお座りしていただきたいので、わたしはいつもソファの部屋を選ぶのだけれど、この日はふた部屋とも椅子だった。

しかし!この椅子がなかなかのシロモノだったのだ!?イヤーン**(/▽/)**ハズカシー

この日、とある事情からわたしはお口にsinさまのザーメンをいただきたかったのだ!
なので、その椅子にお座りになるsinさまのちんぽを、速攻で牝の淫らな舌で熱く吸いあげ攻めたてた。
しかし!そんなことはすっくりお見通しのsinさまに、攻め返されて牝はsinさまの射精を待てずに、いやらしい汁を垂らし充血した内臓にsinさまのちんぽを欲しがって、膝に這いあがり内腿まで濡らす淫汁でsinさまの下腹をぬめらせたのだった。

椅子の背につながるチープで細いパイプの端に足をおき、sinさまのちんぽをいやらしい穴が咥え込む。
この瞬間が堪らなく好きだ。
白い喉を晒し歓喜の喘ぎを漏らす。
長い髪がぱらぱらとこぼれるみたいに、背中を伝い揺れるのを意識する。
さっきまで涎まみれでsinさまのちんぽにしゃぶりついていた頰に顎に、己の涎に濡れてかたまった髪が乱だれながらはりつく淫らな様に言いようのない快感が背骨を走り、いやらしい自分が嬉しくて身震いする。

sinさまに与えられる快感と、それをなり振りかまわず貪り堕ちる己に激しく興奮して、小さな椅子を揺らしながら尻を振った。
熱くぬめる牝の内臓がうねりながら抜くように差すように、sinさまのリーチいっぱいにストロークして、根元からその起伏がわかるほど先まで、硬い肉の穴いっぱいに膨張する温度を感じて悦にいる。
気持ちイイ。とっても。

sinさまが椅子に置いたわたしの足を払われた。
今度はsinさまとわたしの密着するそれを中心に振り子のように、わたしの内臓の一番感じるそこにsinさまのちんぽが圧しあてられる。
わたしは声にならない嬌声をあげて、躰全体を振り子にして奥に更に奥にsinさまを呑みこみ背骨を震わせた。

わたしはまた足を椅子の背において、ぬめる穴でsinさまの長さを舐めるように腰をくねらせる。

こっこれはっ!?気持ちイイ!

sinさまとわたしはかなり体格差があるので、ベッドやソファでは膝を中心に腰を振ることになり、これほどまでsinさまのリーチを活かしたストロークができないのだ。
腰を圧しつけシェイクする。そんな感じ。
それはそれでとても気持ちイイし、sinさまに奥の奥まで突き上げられ腹の上で不本意に踊らされる快感は、自分ではどうすることもできない、この男に身を投げ出すようなやられっぱなしの気持ち良さがあるのだ。

椅子から足を投げ出した振り子の快感もさることながら、このsinさまのうえにしゃがみこむように、熱くうねる内臓にsinさま全部を呑みこみ吐き出し背骨に通じる牝の快感のポイントを己で攻め立てる快感は、堪らなくわたしを興奮させその気持ち良さに没頭させた。

うん。体格差のあるカップルには、お安くてチープな椅子があるお部屋も、とってもおススメです♪ イヤン**(/▽/)**ハズカシ


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ