FC2ブログ

素敵な誕生日?

髪が伸びていた。
左腕が動かないわたしは髪を結ぶことができない。

息子に湿布を貼ってもらうのに、髪がじゃまで…まずは髪を結ぼう!と、息子に頼んだところ…どうやって結べばいいのか?わからない。と、言った。
そう言えば、以前付き合っていた男性で、髪を結べたのって自分も長髪で髪を結ぶことができた男だけだったのを思い出した。

髪を結ぶという行為は男性には結構難しくて、ある意味女性慣れしていないと、ハードルが高いかもしれない。

sinさまとのバスタイム。
長い髪を湯船につけたくはない。
一応sinまさに髪を結んでいただけますか?と、お願いしてみた。
ふたつ返事で「いいですよ。」と、sinさま。
あら?ちょっと、心の中をもやもや(苦笑)させながら、ゴムを渡して後ろを向く。
sinさまの指がわたしの髪に触れる…そして躊躇するsinさま。

「どうやって結ぶの?」すぐに降参されてしまった。

そうですよね?ちょっと難しいかな?と、嬉々として答えながら、わたしの左腕を後ろ手に支えていただいて、髪をつかんだわたしの右手首にはまったゴムを左手に移してもらった。
それを1〜2回繰り返して髪を結んだのだった。

うふ(照)なんだかとても嬉しかった。

時々…言葉を交わしながら、わたしの左腕をマッサージしてくださるsinさま。

ゆっくりと流れる時間を、sinさまの素っ頓狂な声が破る。
「あ。」焦りながら「誕生日?だよね?」と、おっしゃった。

「はい。もうとっくに過ぎましたけど。」と、答えるわたし。

沈黙。
バツの悪い顔をしながら「ごめん。」と、おっしゃった。
「どうしても…覚えられなくて。」と…。

「(sinさまにとって)どうでもいいことだからじゃないですか?」と、わたしが誕生日を祝って欲しいとお願いしたあの4月から、もう6回目の誕生日。
過去5回はスルーされてきたのだ。
わたしからsinさまにお願いしたのは、このひとつだけだ。わたしの誕生日を祝って欲しい。

だからこの件に関してだけは、わたしは辛辣だ。

でも、今年もわたしの誕生日は覚えていらっしゃらなかったけれど、4月がわたしの誕生月だってことは覚えてくださっていたみたい。

わたしは「わたしの誕生日をお祝いしてください。」と、お願いしてから、過去5回の誕生日には「どうしてたったひとつのわたしの願いを、叶えることができないのか?!」と、泣きながらsinさまにメールをしてきた。

嬉しいはずの誕生日に、毎年泣いている。寂しくて悲しい想いをするなんて、おかしい!
祝ってもらえる1年で1度だけのわたしだけの記念日を、泣いて過ごさせても平気な男なんて!
と、わたしは毎年4月になると、真剣にsinさまとの関係を清算すべきだと悩んできたのだった。

今年の誕生日にはそんな悲しいメールはしなかった。
諦めたわけでも、許したわけでもない。

ただ。しなかった。
そして、やっぱり忘れられていたのだった。

この日コンビニでアルコールを買おうと思ったのは、4月はわたしの誕生日だったからだ。
ちょっとsinさまにおねだりしよう。と、思っていたのだ。
頚椎を痛めて薬を処方されていたので、諦めたのだけれど…。

それが突然降って湧いたように、sinさまはわたしの誕生日を思い出されたようだった。
素っ頓狂なsinさまの声。本当に突然思い出したんだろうなぁ。

ホテルを後にした帰り道、突然強い雨が降り出して、ふたつの傘がふたりを分けた。
傘を合わせながら「(mineの誕生日を)どうでもいいなんて、思っていませんよ。」ぽつりおっしゃるsinさまを愛おしいと思った。

また来年。

-----
過去の誕生日エントリー(苦笑)
2013年4月のエントリー「誕生日」
2014年4月のエントリー「筋金入り」
2015年4月のエントリー「わたしの男。」
2016年4月のエントリー「気がついたら春だった?」



FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

ここに来る理由。

5月です!
4月は月雑記をアップできなかった。
なんでだろ?
忙しかったんだな。きっと。

わたしの左上半身は、まだやっと左手で物をつかめる程度の回復。
それなのに、sinさまとお逢いしたあの日は、機能はしなかったけれど、ご奉仕のじゃまもしないでくれた。
(結局は集中力の為せる技だったのだろうと思うけれど…思いって凄いよね?!)

それでも、グリーン席に座って移動できたとは言え、1時間近くも同じ姿勢でいることはとてもとても辛くて、悲鳴をあげそうだった。
どうしてこんな思いをしてまで、sinさまに逢いに行こうとしているのか?

左腕が重くて怠くて痛くて…こんな状態で逢って、満足できる時間になるはずないのに…。

わたしは4年前に職種変更してから、仕事に慣れながら、慢性的な人員不足のフォローに休みも充分に取れず疲れ切っていた。
それ以来、こんな風に自分の体調や日々の疲労具合で、思うように体調の良い日にsinさまに逢えないこと…結局はsinさまの都合で逢う日を決められることに、面倒を感じるようになった。わがままな牝なのだ。

そんなマイナス思考ぐるぐる状態で、いつもの駅に着いた。
ほどなくsinさまからメール。「電車の遅延で、15分ほど遅れそうです。ごめん。」

あう。この辛い左を引き摺っている状態での15分は辛い。
いつもなら殊勝げに「はい。おまちしています。」と、お返事するのだけれど、この日はメールを受信したのが喫茶店の前だったこともあり、この喫茶店で15分ほど休んでからいつもの場所へ行くことにして、その旨sinさまへメールした。

コーヒーとチーズケーキをオーダーするも、さっきまでと同じ姿勢に左腕がうずうず怠くて…味なんてわからない。

拷問されるみたいに、ケーキ食べてコーヒーを飲んで、15分というとても長い時間を過ごした喫茶店を出て、いつもの場所へ向かう。
あともう少しで着くってあたりで、sinさまから「着きました。」と、メールをいただいた。
わたしも即「もう着きます。」とお返事する。sinさまのことだから、きっとわたしみたいに突っ立ってsinさまを待つようなことはなさらないだろう。
案の定、店の中にsinさまの後ろ姿を発見。

ふふ♪
いつもと違うシチュエーション。たまにはこんな風に、わたしがsinさまを見つけるのもいいものだ(嬉々)

sinさまの後ろからそっと腕に手を当てると、ちょっと驚いたみたいに振り向かれた。
こういう無防備なところも好き。

コンビニで食料を買う。本当はわたしだけが知る理由から、今日はアルコールを飲みたかったのだけれど、いかんせん。三度の食後の薬を飲まなくてはならない。涙を飲んで諦める。

sinさまの美しくて優しい手が、酷い仕打ちでわたしの肌を朱に腫らす。

ことを為したあとに、sinさまがわたしをご自分の腕なにいざない、さらさらの手がわたしの肌を優しく撫でる。
その瞬間に、わたしはsinさまの想いを感じる。
あたたかで心地よい感触。

しあわせ。

この幸福のために、わたしは重い左を引き摺って、ここまできたのだ。と知った。
そうなのだ。
わたしはいつもいつも疲れ切っていて、本当はゆっくり自宅で疲労を癒したい。と、1時間も電車に揺られてここまでくるのが面倒だと思うのだ。
それなのに、このsinさまと触れ合う時間が恋しくてわたしを心地よくしあわせにすることを、また毎回毎回わたしに思い知らせるのだ。

そして、自分がこんな風に自由な時間も、充分な気力や体力もなくなってしまってはじめて、sinさまもそうなのだ。と知った。
sinさまもとてもお忙しくお疲れで…本当は少ないお休みの時間をご自宅でゆっくり過ごして、お疲れを癒したほうが良いのだ。
(何と言っても虚弱体質だしね(大汗))

それでも、sinさまは、何年も何年もどんなにお疲れでも、わたしとの時間をつくって、わたしに逢いに…そしてご自分の嗜虐を満たすために、満身創痍でここに来られるのだ。

思いあい。
求めあっている。

だからわたしは、sinさまがご自分の牝を呼べば、どんなことをしても、ここに来るのだ。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

突然。

落ち着いてきたので書こう。

ある日。
突然。
目が覚めたら、左上半身が重くて怠くて自由に動かなくなっていた。

最初は寝違いか?と、思ったけれど、とにかく左肩甲骨から上腕に鈍い感覚。
左腕がまるで荷物のように重い。

とにかく出勤して、仕事を終わらせて病院を受診。
薬を処方され、徐々によくなると言われた、
様子をみて症状が変わらないようなら、MRIを撮ることに。

翌日になると、左指先が痺れて感覚がなくなっていた。

夜は腕が重くて怠くて痛くて…左腕の置き場がなくて眠れない。
翌日また受診。
肘から手にかけて親指まで痺れていることを伝える。

頚椎を痛めたのだろう。とのことで、リハビリを受けながら様子を見ることになった。

ほんの数日後には、sinさまとお逢いする約束になっていた。

仕事は休めない。夜は眠れない。疲労はピークで、ストレスになった。
どうして今なのか?1週間あとだったら…せめてsinさまにお逢いしたあとだったらと、思考がぐるぐると同じ場所を無意味にまわっている。

これではまともなご奉仕などできない。
今更ながらに、sinさまと己の関係を知る思いだった。

sinさまに現況をメールした。
逢えるとも逢えないとも、逢いたいとも書かなかった。
sinさまは、ただわたしの体調を気遣うお返事をくださっただけで、やはり予定を取りやめようとも実行しようともおっしゃらなかった。

逢いたい。
その想いだけで、わたしは荷物のような左を支えながら、いつものホームに立ちsinさまにお逢いするために電車に乗ったのだった。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

唯。

わたし達は、お互いのことを何も知らない。
伝えあっていない。

相手を理解しようと考えていない。

それでも、わたし達は日常や非日常を超えて、お互いの人生に存在する信頼を得た。

-----

それは…唯、お互いの素性を明かすことや、言葉を尽くして信頼を得るという手段を選ばなかっただけだ。
そのかわり、長い時間が言葉のないふたりの関係を密にしていった。

唯。今、それがわかる。
これがきっと永く一緒にいて、見えたこと。
sinさまがおっしゃった言葉の意味。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

oh.

sinさまがまた体調を崩されている。
虚弱体質もほどほどにしてもらいたいものだ。

まぁ、虚弱体質にほどほどなんてないだろうけど(大汗)

わたしが仕事やプライベートに忙殺されていることから、心がsinさまから離れがち。

sinさまとわたしは淫らで繋がっている。
それ以外はない!と、言っても過言ではない。

しかし…sinさまはご自分から欲望を求められることはない。
ご自分の飼っている牝が淫らを乞うて、はじめて応えるという…面倒な性癖の持ち主だから(爆)

でもさ〜?!体調崩してるわけですよ!
すぐ体調崩しちゃうわけですよ!
風邪をひこうものなら、一生治らないの?ってくらい長い間風邪っぴきの男なわけですよ。

まぁ不摂生もかなりあると思うのだけれど…忙しい分自由時間が少なくて、寝るのが惜しいと考える男なので。
わたしは逆に体力回復!体力温存に休日のほとんどを自宅でのんびり過ごしている。(実際は時間を見つけては爆睡している^^;)

そんなsinさまに己の肉欲をぶつけてもなぁ…と、わたし自身が萎えてしまうわけで…ここ1ヶ月ほどココロオドルようなメールのやりとりは全くない。

その間、最愛の息子のことで超絶凹むことがあり、sinさまとの関係に悩んだりもした。

sinさまとわたしは淫らな関係で、それ以上でもそれ以下でもない。
でも、繋がりは…こんな繋がり方はわたしが望むものではなかった。
きっと、sinさまも望んではいらっしゃらなかったと思う。

日常とか、非日常ではなく、また温めあう未来があるわけではない。にも関わらずお互いの人生に存在し続ける関係。

わたしは関係の深さに年月は比例しないと考えている。
でも、sinさまのおっしゃった「長く繋がっているから、見えてくることもあります。」というお言葉に胸を締めつけられる。

誰でもない。それはsinさまのお言葉だから。

「桜の花が咲きだしましたね?」春先のsinさまからのメール。
このメールにみるsinさまの変化を知る者は、わたし以外にはいない。
わたしの指先は震え、嬉しくて泣いたのだった。

わたし達はお互いのことを何も知らない。
伝え合っていない。

相手を理解しようと考えていない。

でも、わたし達の人生は繋がっている。
こんな関係も在りだろう。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
このページのトップへ