FC2ブログ



わたしの男は、ホントに自分勝手でわがままで、ダメダメなんだけど…
ここって瞬間を絶対に外さないところが、憎らしいのだ(照

そして、きっとこの男は、自分がなにをすればわたしの心の琴線に触れるか?なんて全く気づいていなくて、考えてもなくて、ただ自分の思ったことを行動にうつしているだけだってつれないところが、また堪らなく愛おしい。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
 2019_10_05



男には、裸の心を見せることができる。
てか、いつもどんな自分も晒してきた。

それは、お互いが理解しあってるとか、心底愛し合っているからじゃなくて、この距離がそうさせた。

素晴らしく絶妙で楽な距離。
こういう距離を自然というのかもしれない。


FC2 Blog Rankingd(^w^)clickシテネ♪
 2019_07_11



7月。
雨にやられることはあまりなく、ラッキーな令和元年の梅雨。

わたしは相変わらず日常のあちこちにsinさまを感じている。
逢わなくなって1年と…まる6ヶ月。
それが長いのか?短いのか?今のわたしにはわからない。

いつも傍にいるような感覚で話しかけることがあれば、逢いたくて堪らなくて切ない気持ちに押し潰されることもある。

躰の距離がこんなに離れて、心の距離はまったく変わらない不思議。

さて、今日が始まる。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
 2019_07_01



3月の桜の季節、sinさまからのメール。

「桜の花も咲きましたね。
とてもきれいです云々」とあった。

わたしは久しぶりのsinさまのメールに浮足だちながら、このひと言が更にわたしをふわふわとした気分にさせた。

これまで、季節になんてまったく関心を示すことのなかったsinさま。
毎年のようにわたしから春や秋、夏や冬の季節のさまざまな気づきをメールして、はじめて「ああ。そうですか?もうそんなに?」などと、お返事をくださる程度だったのに。

今年は、sinさまが春の訪れをメールでお知らせくださった。

大変お忙しく、精神的にも肉体的にも、極限で毎日を過ごしていらっしゃるsinさま。
季節を…春を感じてくださって、それをご自分の牝にメールしようとお考えくださったことが、とても嬉しい。

少しは、明るい進捗が見えているのだろうか?
メールには、そうは書かれていないけれど、変わらなく辛い毎日でも、季節の移り変わりを感じてくださったことが嬉しい。

嬉しい。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
 2019_05_07



男とわたしは、居なくなってはじめて相手の大切さを痛感する。というような関係ではない。

関係が断たれると、そこでおしまい。な至ってシンプルで、きっと稀有な関係だ。
だから、きっと、今も続いているのだ。

ただ…今、男が抱えている逆境は、男の人生を大きく左右する。
だから、絶対後悔してほしくない。

そこにわたしは要らない。

ふたりが過ごした時間と空間は決してなくならない。ただ…それが、そこにぽっかり在るだけ。
だから、ふたりの人生の次元にお互いは存在しない。

きっと、もう?

それでも男のなかに存在し続けられることが、嬉しい。
そして、わたしのなかに存在し続ける男が愛おしい。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
 2019_04_27




03  « 2021_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

mineのこと

mine

Author:mine
嗜虐にその変態性欲を満たす男と、その男に飼われ被虐の快感に陶酔する女のお気楽な記録♪

パスご希望の方はこちら

mineにご用の方もこちら→のメールフォームから、メールくださいね^^b

Please love.

毎日、花の色が変わります

d(^w^)clickシテネ♪

Counter

GOmobile

QR

ブロとも申請フォーム




.