FC2ブログ



2月。
あ。3月だった。

昨年の今頃、多分、sinさまから、「もう逢えない」と、お言葉をいただいたのだ。
それまでも、そんなに逢えていたわけではないが、昨年の6月にさくっと逢えない連続記録を更新して、もう新しい年に入って3月。
まるまる1年以上逢っていない。

sinさまの生活環境は相変わらずで、メールもあまりいただけない。
それでもわたしは変わらなくて、sinさまからメールをいただくと、心臓が飛び跳ねるほど興奮して、その場で駆け出してしまう!
(まわりにどうしたの?!と、驚かれるほどだ(大汗))

そして、また息をしていることを思い出す。

sinさまのメールは、やっぱりとても短いのだけれど、少しずつ変化している。
わたしのことを想ってくださっている。そんなひと言ふた言が見える。
だから、わたしもそのお気持ちに、また応えるお返事を差しあげる。

変わらないでいられて良かった。
またsinさまが…mineをご自分のものだと、強く強く実感していただけるようになって…嬉しい。

sinさまのお気持ちのかけらを抱いて、今夜も眠る。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
 2019_03_03



昨年最後のブログを更新し、年が明けたらすぐに新年のごあいさつ更新をしよう!と、思っていたのに…
さて、今日はもう1月24日!月末だよ?!

驚いたなぁ!
こんなに毎日が高速で過ぎていくなんて、怖いくらいだ。
昨年は仕事が忙しくて、全くお休みのない前半を過ごし、後半も休日出勤は減らなかったけど、休日残業ではなくてきちんと振休を平日にとれるまでにはなった。

それでも、この1月のあっと言う間感はどうだ!
もう今年も終わりだね?なんて言ってそうだと思って、ふとこんな程度に忙しいわたしでも、余裕のない毎日を過ごしているのだから、sinさまはもっと1日が早く過ぎてしまって、1か月なんて気がつく暇もないくらいで、日々わたしのことを想ってくださっていても、気がつけばメールを長らくしていなかった?!なんて数週間数か月をお過ごしなのかもしれない。

…と、思ったのだった。

毎日毎日、当たり前のように思考がsinさまを呼んでいる。
肌に触れたいと灼けるほどの想いに、胸を絞めつけられることもあれば、浮遊するみたいにふわふわとsinさまをとても近くに感じることもある。
インフルエンザが心配だ!本当に虚弱体質な方だから…。

今年もsinさまへの想いに明け暮れる2019年になる。
それもまたわたし。らし。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪

 2019_01_24



冬のタンポポ



sinさまへ

今年は、本当にあっと言う間に今日になってしまったような感覚です。

昨年、お逢いして、お食事をご一緒させていただいて、首輪をかけていただいてから、1年経ったのですね?
sinさまの毎日に、少しでも一瞬でも、心地よい時間がありますように!と、思い続けたわたしの1年でした。

-----
冬のたんぽぽをみつけて、人もこんな風にしぶとく生きられる。そう思った。

sinさまからのメールを受信して、それにお返事する。
そんなわたしの2018年だった。
1度だけ、わたしの方からメールを差しあげた。
それは…そう。sinさまの誕生日。

うふ♪

みなさま、よいお年をお迎えくださいませ♪

mine


FC2 Blog Ranking (^w^)clickシテネ♪
 2018_12_31



会議に急ぐ足で、踏み込んだ地下街。
漂う空気に覚えのある匂い…。

胸がきゅっとつまって、切なくなった。

すぐに思い出した。
この匂いは、sinさまと待ち合わせする、いつもの場所のお香の匂いだ。
アーケード全体が、いつも同じお香の匂いで満たされている…そんな場所。
そう言えば10年間同じお香がたかれていたことになる。
なにか意味があるのだろうか?

10年間、いつもいつも同じ場所で待ち合わせして、同じホテルで過ごした。
違う場所で待ち合わせしたのは、デートした2回だけだったなぁ(照)

きゅっと、sinさまへの想いを胸に抱いたのだった。

そしてお香の匂いが気づかせてくれた。
今日は、10年前、sinさまと初めてお逢いした日。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
 2018_12_18



sinさまからメールが来た。

いつも、なんとなく、そろそろかな?って思うと、メールを受信する。
嬉しい。

悦び勇んでメールをあけると、いつもと同じ調子で体調を崩し半月も入院していたとあった。

にゅっ入院?!
sinさまは虚弱体質で、これまでも体調を崩されるといつも長引いていたのだ。
この1年間、お忙しく精神的にもお辛い日が続いていたので、とうとう入院が必要なほどになってしまったのだろうと思う。

メールをいただいたときは、すでに退院なさっていた。
そしてわたしの体調を気遣うメールをくださったのだった。

sinさまには、入院中ちゃんとお世話をしてくれる人がいる。
当たり前だけれど…。

わたしは?
忘れることなくメールをくださる。けれど、sinさまの身のまわりのお世話をする人は知らない存在。
実際的ではない存在。それがわたし。

それでもきっとsinさまにとって大切。な、存在。

わたしにとってもsinさまは、その実像が透明でいて、いつも意識下に存在する方。

お互いがきっと単体でお互いを見ている気がする。
お互いのバックボーンなんて意味がなくて、心と躰がお互いを知っているだけで充分。な。

あぁ…だから、このままメールが途絶える。という不安がないのだ。
お互いが突然この世の中から消えてしまわない限り、sinさまとわたしはお互いを感じ、知り、透明な存在として繋がり続けるのだ。


FC2 Blog Ranking d(^w^)clickシテネ♪
 2018_12_02




07  « 2019_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

mineのこと

mine

Author:mine
嗜虐にその変態性欲を満たす男と、その男に飼われ被虐の快感に陶酔する女のお気楽な記録♪

パスご希望の方はこちら

mineにご用の方もこちら→のメールフォームから、メールくださいね^^b

Please love.

毎日、花の色が変わります

d(^w^)clickシテネ♪

Counter

GOmobile

QR

ブロとも申請フォーム




.